2004年06月29日

偏見

人を見た目人種で分類してしまうということはある種の逃避であり、それ以上のコミュニケーションの追求を放棄する行動だと思う。他人の血液型人種出身地宗教政治思想などを情報として知ってしまうと、その人間を定型にあてはめてしまい、人間の最大の課題であり、万人のライフワークである、コミュニケーションの追及というテーマを放棄して楽になろうとするのだ。これが差別と偏見を産み出して浅い思想の人間を作ることになる。



昔のこと。仕事である取引先の人とすべてメールでやりとりをしていたことがある。僕の仕事ではあまり珍しい事ではない。しかしそのときの先方の担当者のレスポンスがとても悪かった。たまにメールを間違えて送信したりして、細部に対する気配りがなかった。あるとき、どうしてもメールではなく早急に連絡を取らなくてはならないことになり、はじめて電話をかけた。電話口に出た先方の担当者の第一声を聞いて納得がいった。



先方「フウフウ(汗)、どうも。いつもお世話になっております。フウフウ(汗)」



ははーん、お前デブだな。(納得)



これが偏見だ。
posted by 鈍ツウ at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月27日

風俗医療

元医者の風俗嬢



女「いらっしゃいませ、この店は始めてですか?」



男「ええ。以前から興味があったんですけど、なかなか風俗って入りにくくて。」



女「そうですよね。私もまだこの世界は日が浅くて、先日まで病院に勤務していました。」



男「ほう。看護婦さんだったんですか?」



女「いえ、大学病院の医者でした。大学病院の組織的な構造改革に伴ってリストラされたんです。」



男「へえ、本物の女医さんだったんですね。それは珍しい。」



女「地方の病院でもいいから、勤め口を見つけるまではこの商売で食いつないでおこうと思いまして。」



男「そうですか。でもこの業界は大変でしょう。」



女「ええ、先日もMのお客様Sのお客様を取り違えるという現場のミスがありまして。」



男「医療事故かよ!」



女「現場ではマスコミに漏れる前に事実を隠蔽しようとして。」



男「そんなことをマスコミが追及するのかよ!」



女「結局は家族との示談で話しがついて。」



男「家族に風俗通いがバレて可愛そうだよ!」



女「それから、うちのお店で政府未承認のバイブを使っているんじゃないかという噂がたって。」



男「バイブを政府が承認するなよ!」



女「加えて小泉政策のせいで、労災や国立の風俗店への援助が減ってきて。」



男「公共の風俗店があったのかよ!どんな痛みを伴っているんだよ!」



女「それから深夜に緊急でやってきたMの男性を受け入れる店がないという事件がありました。」



男「救急医療のたらい回しかよ!」



女「丁度そのときはどこのお店も空いている三角木馬が無くて、いわゆる受け入れ拒否に会って。」



男「ベッドの絶対数が足りないみたいに言うなよ!」



女「でも三角木馬の絶対数が足りないというのは事実なんです。」



男「無けりゃ無いで他のプレイでもしてろよ!」



女「残念ながら、結局最後はその男性は・・・普通のプレイで・・グスン。」



男「泣くなよ!」



女「でも、まだまだ現場が抱えている問題はたくさんあるんです!」



男「なんだかえらく力が入ってきたな。」



女「女王様が余っているなんてマスコミが言っていますが、本当は全然人数が足りないんです!」



男「いや、統計を見たこともないし誰が数えているのか知らないけど。」



女「十分な設備がない山村や離島の風俗店に何人の女王様がいると思いますか!」



男「コメントしたくねえよ!」



女「NPOでイラクに派遣されている女王様たちの活動に関してはほとんど報道されていないのが事実です。」



男「この微妙な時期にそんな報道はしないほうがいいよ!」



女「・・・・・」



男「・・・・・」



女「・・・どうですか?興奮しましたか?」



男「こんなプレイだったのかよ!するか!」




posted by 鈍ツウ at 18:21| Comment(0) | TrackBack(1) | オススメ記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月03日

40代体操を考案

40代専用の体操を考案したので40代の人は試してみて下さい。40代同志が二人一組になって向かいあって体操すると効果的です。



腕を大きく振り下ろし、相手を指差して、


中島みゆきのこと嫌いなんじゃなかったのかよ!」



ひじをあげて、両手を顔の横でヒラヒラと振りながら、


「子供と一緒にキッスのコンサート見に行ったからってロックを共有できるいい親になったって勘違いしてるんじゃねえよ!」



胸を張って、両手で物を包み込むように、


「いつの日かまたセカンドバッグを持ち歩くファッションが流行ると信じて安いセカンドバッグを後生大事に保管しておくなよ!」



お互い顔を見合わせて譲り合うように、


「誰かホイチョイ・プロダクションにもう役目は終わったって言ってやれよ!」



だんだんしゃがんで小さくなって、それから今度は大きくなって、


「自分達が言ったオヤジギャグまでマクロミクロの視点に分けて分析してるんじゃねえよ!」



最後に大きく息を吸って携帯をかける仕草で、


「いつまでダースヴェイダーのテーマを着メロにしているんだよ!」



一日に10分、いや5分でもいいので続けることが大切です。
posted by 鈍ツウ at 02:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。