2005年03月31日

ダミ運転手





運転手:勘弁してくださいよお客さん。いくら頼まれてもダメなものはダメなんですからもう降りてくださいよ。いやいや絶対に無理ですって。そんな一度やってみたいとか言われても困りますから。アタシはこのまま壁に突っ込んで追突するのが仕事なんですからお客さん乗せたままやったらアタシが捕っちゃいますから。・・・え?何ですか?・・・いやいやダメダメダメダメ、そんなお金なんかもらえませんし・・・自信があるなんて言っても無理ですから。あれ結構大変なんですって。うまいぐあいにフワ〜ッって体を浮かすのなんてぜったいに素人さんじゃできませんし、そのあとゆっくり首をガック〜ンって揺らしてスローに見せるところなんてかなり難しいんですから。アタシこう見えても腕見込まれてドイツの会社に引っ張ってこられたんですわ。なんか先代の会長さんが日本に来たときにアタシのビデオ見てくれたらしくて。だからまあ言わせてもらえばそこそこキャリアあるんですけど、そのアタシでもここのコースはかなりやっかいなんですよ。・・・え?ダメダメダメ。そんな二人羽織なんかでできる仕事じゃないですから。いや無理無理。弱ったなあ。・・・

posted by 鈍ツウ at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月30日

エロ戦時中

先日の記事で



それは中学生のとき。「看護婦はいつも男性患者の裸体を見ているから欲求不満なんだって」という情報を仕入れてきた友人の輝く目だったよ。



というネタを書いたが、これは事実だった。今の中学生はインターネットやヘア公然の雑誌があるから僕らのような苦労はないだろう。僕らにはそんな便利なものがなかったから性に関する情報収集はひと苦労だったのだ。戦時中の食糧難を語る年寄りのように僕らが体験したエロ食料難の時代も語り継いでいかなくてはいけないと思う。僕らは自分達がエロ情報不足で苦労したから、それこそ文字通り、自分のムスコには同じ苦労をさせたくないのだ。だから自分のムスコかわいさに色々と与えすぎてしまうのだろう。



さて中学生たちよ。今の君たちは色々なオカズがたくさんあってそれが当たり前だと思っているだろうけどオジさんたちが中学生ぐらいのときなんか、グラビアの一枚に写っているモデルの股間にうっすらと黒い陰が見えるか見えないかというだけで「これは毛だ」「いや影だ」という論争になって、とにもかくにもそのグラビアのイメージだけで一週間ぐらいのオカズになったんだ。たまに誰かが兄貴のビニール本みたいなヤツをくすねてくると「こんなご馳走は盆と正月が一緒に来たみたいだね」なんて言って笑ったもんだ。



例の看護婦の情報を仕入れてきた友人の会話もこんなもんだった。





友A:みんな!ニュース、ニュース。看護婦っていつも欲求不満なんだってさ!

友B:本当かよ、どうせまたデマだろう?

友A:本当だって。この雑誌の文通コーナーを見てくれよ。





そういって彼が出したのは怪しいB級エロ週刊誌の情報交換コーナーの書き込みで、そこには20歳の看護婦ですが毎日男性の裸を見ているため欲求不満で仕方がありません。おつきあいしてくれる男性を探しています。という文面が書かれてあったのだ。彼が言うには同じような文面が毎月載っているため、一般的に看護婦は欲求不満で誰でもいいから相手を探しているのものだということだった。彼の話を聞いた僕ら一同は、





友C:なーるほど!

友D:ぃよっしゃあ!





これはもう、サッカーで言えば相手チームの司令塔がケガをしたという情報を仕入れたに等しかった。目を閉じて天を仰ぎ情報の重みを満喫する者、何の根拠もなくこれで8割方もらったも同然みたいな表情でうなずく者。何か思い付いたかのようにあわてて家に帰る者。たったこれだけの情報が僕らにとっては貴重な存在だったのだ。やがて次の月にはその彼がまた新しい情報を仕入れてくるのだった。





友A:ニュース!オーデコロンって女を興奮させる作用があるんだってさ!

友E:本当か!よーし早速買いに行こうぜ!





そして、こうした情報がウソだと判明するたびに僕らはまるで玉音放送を聞く国民のようにうなだれながらその報告を甘受していったのだった。だから情報というものの恐ろしさを身をもって知っている世代だと胸を張って言えるのである。それにしてもエロ戦後は遠くになりにけり、である。



ところでこの文章を中学生が読むとはとても思えない。
posted by 鈍ツウ at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月29日

手作り潜水艦でコカイン大量密輸未遂

手作り潜水艦でコカイン大量密輸未遂



[ボコタ/コロンビア 25日 ロイター] コロンビア警察では、およそ2億ドル(200億円)相当のコカインが密輸できる手作り潜水艦を発見したと発表した。国家安全保障部の捜査官によれば、内偵していた警察がエクアドル国境付近のトゥマコに隠されていた潜水艦を発見したが、逮捕者は居ないという。コロンビアで発見された潜水艦を使っての麻薬密輸は今回が2件目にあたる。2000年には、海岸からはるかに遠いアンデス山脈にある首都ボコタで潜水艦が発見された。「周りから怪しまれないように始めは小さな部品から組み立てて、6ヶ月かけて潜水艦を組み立てたようです。今月末のイースター(復活祭)には警察の警備が手薄になると思って、イースターの日を狙っていたと思われます」と担当者は語る。この潜水艦がどこを目指して、どのくらい遠くまで移動できるかは明らかにされていないが、10トンのコカインが運べる大きさで、米国の末端価格でおよそ200〜300億円のコカインに匹敵する。



ドン:しかし手作りの潜水艦というのはすごいですね。



ツウ:うん、まさに執念だよな。



ドン:密輸しようとしたコカインも手作りらしいですからね。



ツウ:いや普通は手作りだろ、っていうかそうなると「手作り」の定義が難しいよ。



ドン:「私が栽培しました」って有機栽培農家ホセの写真がコカインに貼ってありますから。



ツウ:何で健康に気を使っているんだよ!それならそもそもコカインなんてやるなよ!



ドン:そうですよね、日本でも条例で歩きコカインを禁止している区とかありますからね。



ツウ:そういう意味じゃないよ!たいていのところは禁止だし、歩いてなくても禁止なの!



ドン:じゃあコカインの箱に「健康を害するおそれがあります」って書けばいいですか?



ツウ:そういうレベルで解決できる問題だと思うのかよ!



ドン:でも、この潜水艦も所詮素人が作ったものだから大したものではないと思うんですが。



ツウ:まあ、そりゃあ最先端の技術や材料を使っているわけではないからな。



ドン:きっと潜望鏡なんて紙をペロッとなめてそれを筒にして海面に出しただけでしょうね。



ツウ:何でコカインを吸うときみたいな方法なんだよ!紙なんかじゃ水が入ってくるよ!



ドン:非常時の酸素ボンベも片方の鼻の穴を押さえて酸素を吸い込む方式のヤツで。



ツウ:コカイン吸入から離れろよ!



ドン:しかし、こうなると警察も海中を取り締まらなくてはなりませんね。



ツウ:そうなんだよ。今まで空路か船だけを警戒してたんだけど今度は海中だからな。



ドン:そこで警察も麻薬犬ならぬ麻薬ウミウシを投入するわけですよ。



ツウ:なんでウミウシなんだよ!もっと親しみやすい生き物にしておけよ。



ドン:じゃあ麻薬アメフラシがマフィアを一網打尽にしますよ。



ツウ:だからイルカとかじゃダメなのかよ!



ドン:麻薬タツノオトシゴも敵の袖口に噛みついて決して離しませんしね。



ツウ:なんで弱そうな海洋生物ばかり選って捜査チームを組織しているんだよ!



ドン:はい、海だけに悪いウミを出そうというウミウシの提言で。



ツウ:それできれいにまとめたつもりかよ!もうやってられん!



おわり
posted by 鈍ツウ at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース漫才 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月20日

うれしそうな人達

「僕はあけぼの(格闘家でいえば)、やうやう白くなりゆく髪の生え際」

そんなことはどうでもいい。



さて、季節は春である。街のあちこちで春の訪れを祝福する嬉しそうな人達を見かける。



街でうれしそうな人々を見かけたよ。

うれしそうな人は春の訪れを喜んでいる人たちだったよ。



街でうれしそうな人々を見かけたよ。

「スマップの草なぎ君もちょっとハゲてきてない?」とうれしそうに語る薄毛のサラリーマンだったよ。



街でうれしそうな人々を見かけたよ。

携帯を持っていない理由を語る人は何だかうれしそうに理由を述べていたよ。「利便という名の元にみんな縛られているんじゃないかって感じましてね」



街でうれしそうな人々を見かけたよ。

社交辞令で「なんでそんなにお元気なんですか?」ってうっかり聞いたら「それじゃあ私の健康法を教えましょうか」と長々と語る人だったよ。



街でうれしそうな人々を見かけたよ。

それは中学生のとき。「看護婦はいつも男性患者の裸体を見ているから欲求不満なんだって」という情報を仕入れてきた友人の輝く目だったよ。



街でうれしそうな人々を見かけたよ。

街でうれしそうな人々を見かけたよ。

街でうれしそうな人々を見かけたよ。

posted by 鈍ツウ at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月13日

凄腕コーチがやってきたの巻





コーチ:・・・オーケー。それじゃあこう言い換えてみよう。3割打者にあって普通のバッターにないもの、得点圏打率の高いバッターにあって得点圏打率の低い打者にないもの、これらの違いをよく考えてみるんだ。えーと、・・・・それじゃあジョージ、君の答えを聞かせてくれ。・・・・え?「ある」方には動物の名前が隠れているんじゃないかって?
これは「あるなしクイズ」じゃないよ!しかも動物の名前なんて全然隠れてないし!だから君らは万年最下位なんだよ!・・・まったくえらいチームのコーチを引きうけてしまったものだ。・・・
posted by 鈍ツウ at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | オススメ記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月12日

エバンゲる

昨日の失態を取り戻すかのように更新。







伝道師:いや、だから「汝の敵を愛せよ」みたいなニュアンスのことをおっしゃっていたわけでね。俺も詳しく聞いたわけじゃないから。その時も結構キリスト様から離れた場所にいたから正直はっきり聞こえたわけじゃあないのよ。まあ何となくそんな事言ってたように聞こえたから。・・・そりゃあ聞き返せない雰囲気みたいなのってあるよ。「あのー、」って手あげた瞬間に幹部みたいな人が「何も質問はないようだな。」って言って俺の質問にかぶさることって結構あるしね。いやマジで。・・・・・え?「汝のテキーラを愛せよ」の聞き間違いじゃないかって?うーんどうかなー。あの人あんまり飲まない人だからテキーラとか言うかなー。まあ100パーないとは言いきれないけど、テキーラはない気がするなあ・・・ん?ん?今なんて?君、今なんて言った?・・・・・・「何時に時を愛せよ」の聞き間違いじゃないかって?あーそれ無難な線かもなー。意外とケムに巻くようなこと言う人だからねー。なんて言うの?曖昧なボール投げてみてこっちの反応を見ているみたいなところあるからね。やっぱ上に立つ人ってそういうことを意識してやる傾向あるよね。俺の叔父さんがそうだったからね。俺が子供のころ叔父さんが毎朝自分のところの羊飼い集めて変な訓辞たれるんだけど結構漠然としたこと言ってたよ、今から思えばね。うん、じゃあとりあえず今月は「何時に時を愛せよ」でいいかな。いつもみたいに誰か紙に書いて貼っといてくれる?そうそう、筆ペンでいいから・・・
posted by 鈍ツウ at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | オススメ記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月08日

それってマニュアルだから



それってマニュアルだから

Words & Music written by dontsu





♪それってマニュアルだから。

♪それってマニュアルだから。

♪それってマニュアルだから。



♪あれ?おかしいな。この自動車クラッチがついているけど。

♪それってマニュアルだから。



♪コンビニのお姉さんが手をそえてお釣りを渡してくれた。きっと僕に気がある。

♪それってマニュアルだから。



♪こんなせまいエコノミー席で「快適な空の旅をどうぞ」なんて言われても。

♪それってマニュアルだから。



♪電話帳かと思ったら「メインフレーム」とか変な事が書いてある本だった。

♪それって(たぶんIBMの)マニュアルだから。



♪プログラマが「僕は今年で20歳です。ただし16進数で」って言ったのさ。

♪それって(ある種の)マニュアルだから。



♪断水の事をすっかり忘れていて六甲のおいしい水で歯磨きと洗顔をすませたのさ。

♪それって(一人暮らしの)マニュアルだから。



♪やっぱり男性は四十からよね。

♪それって(どうせ)マニュアルでしょ。



♪仕事順調、家庭円満、体調良好、そんなときにパソコンと冷蔵庫と洗濯機が同時に壊れる。

♪それって(多分、神さんみたいな存在がうまい具合にバランスとるための)マニュアルだから。



♪それってマニュアルだから。

♪それってマニュアルだから。

♪それってマニュアルだから。


posted by 鈍ツウ at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月06日

校長室

ダルビッシュ週明けにも処分解除



校長室。ダルビッシュと校長が対峙している。





校長:
これで停学は終わったけれど、今後も十分反省するように。



ダル:
ご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。



校長:
これからの君の行動を世間は注目するだろう、今後の姿勢が問われることになるよ。



ダル:
はい、私「ダルビッシュ(有)」は心を入れ替えます。



校長:
有限会社みたいに名乗るなよ!



ダル:
今までの倍の努力をします。今までがダルだとするとこれからはダルダルになります。



校長:
それじゃむしろ悪くなっているような印象を受けるだろ!



ダル:
もう地下カジノでコカインを吸うようなマネはしません。



校長:
そんなことまでしていたのか!今回の件はパチンコ屋で煙草じゃないのかね。



ダル:
・・・実は今回の件は先輩との付き合いの関係上、仕方がなかったんです・・・・



校長:
なるほど、そう言うこともあるだろう。しかし断るときはきっぱり断るべきだよ。



ダル:
いえ、あまりに先輩が生意気なもんでパチンコ屋に連れていってタバコの火を先輩に押し付けて・・。



校長:
それじゃ君が一番悪いんじゃないか!巻きこまれた先輩もいい迷惑だよ!



ダル:
新庄さんを見ていたら日ハムは法律がないチームかと勘違いしまして・・・



校長:
確かに何となくわかるけど!でも、別に新庄君のやっていることは法には反してないから。



ダル:
だいたい日本のハムって言うチーム名が釈然としなくて。



校長:
今さらそんなことを言うなよ!色々考えて入団したんじゃないかね!



ダル:
「ハム」ってタテに書くと「公」っていう字と間違いやすいし・・・



校長:
だから何なんだよ!それが君の喫煙行為と何の関係があるんだね!



ダル:
言いかえれば、日本の「公」式のファイターズってことじゃないですか。



校長:
勝手に言いかえるなよ!



ダル:
結局は日本で公式にケンカを認められる集団ってどうなの?っていう話しじゃないですか。



校長:
そんな話しじゃないよ!我々の話しは本線から何マイル離れていくんだよ!



ダル:
まあまあカッカしないでこのへんで一服しましょうよ。



校長:
それがいけないんだよ!君はあと10年停学に処す!



ダル:
ギャフン!いまどきギャフン!





終わり
posted by 鈍ツウ at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース漫才 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月03日

勝敗のゆくえ

昨日は1分を惜しんで仕事しました。今日お休みするためです。





30年近く疑問に感じていることがある。中学生ぐらいのときに学習塾で知り合った友人に近藤君という男の子がいて、ある日彼がこう言ってきたのだった。



近藤:
ねえねえ、僕のことを「近藤〜」ってからかってよ。



僕:
えっ?



近藤:
だから「や〜い、近藤〜」ってからかってよ。



僕:
何で?



近藤:
いいから僕のことをからかってよ。何度もやってよ。



僕:
・・・いいけど。オホン、・・や〜い、近藤〜!



近藤:
ムッ!(怒った様子)



僕:
近藤〜!



近藤:
ムッ!



僕:
近藤〜!



近藤:
ムッ!



僕:
・・・・・・



近藤:
わーい、ひっかかったひっかかった!



ちょっと待て。僕は本当に「ひっかかった」のか?悔しいのは本当に僕の方なのか?それよりも近藤君、君の勝利の味はあまりにも苦くないのか?
posted by 鈍ツウ at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | オススメ記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。