2005年05月30日

コンドーム学園

中学校にコンドーム自販機設置で激論 メキシコ





ドン:このニュース気になってたんですよ。とうとう中学校にコンドームの自販機設置の提案ですよ。



ツウ:確かにここまで来たかという感慨はあるけどね。



ドン:いっそのことコンドームをもっと身近な存在にしちゃったほうがいいんじゃないですかね。



ツウ:そうかなあ。



ドン:たとえば学校のそばの駄菓子屋のガチャガチャなんか全部コンドームにするんですよ。



ツウ:ええ?メキシコに駄菓子屋があるのかどうか知らないけど、そこまでしなくてもいいだろう。



ドン:それから学校帰りの子どもたちに色のついたコンドームを売りつける露店を出すとか。



ツウ:確かにそういうヒヨコ屋がいたけど!



ドン:学級会でも先生が「残念なことに、ロサリオ君のコンドームが盗まれた・・」



ツウ:何で給食費がなくなったみたいな雰囲気を出しているんだよ!



ドン:「ひとりずつ教室に入って盗んだ人はそっとはずしてロサリオ君の机の上においておくように」



ツウ:いったん装着したモノを人の机の上におくな!



ドン:生活指導の先生も服装チェックで「お前、コンドームがちょっと長いぞ。切ってこい。」



ツウ:あれは絶対に切っちゃダメだよ!



ドン:先生「最近コンドームをわざとずり下げて登校している生徒がいます。」



ツウ:ストリート系の下げパンか!



ドン:あれ、ダブダブなのが格好いいと思っているんだね。



ツウ:ダブダブだと意味がないって教えてやれよ!



ドン:先生「遊びに行くときは一度家に帰ってコンドームをおいてから行くように。」



ツウ:それじゃランドセルだよ!



ドン:「いいなあ新品のコンドーム。俺なんか姉ちゃんのお下がりだから。」



ツウ:使い回しもダメだって教えておけよ!何でこんなにコンドーム中心の生活にならなくちゃいけないんだよ!



ドン:いやあモノがモノだけに生活に「密着」した方がいいかなと思いまして。



ツウ:いいかげんにしろ!やめさせてもらう!





おしまい
posted by 鈍ツウ at 21:03| Comment(3) | TrackBack(2) | オススメ記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月24日

申告用紙を見てみたい

中国役人の新しい規則「愛人関係を報告せよ」



[北京 20日 ロイター] 中国の南京市で、役人に婚外愛人関係の自己申告が命じられた。これは政治浄化努力の一環で、公的資金が役人の愛人の手に渡るのを防ぐためだという。





ドン:愛人の自己申告をしろという制度のようですが。



ツウ:しかし、公(おおやけ)にできないからこそ「愛人」なわけなんだがなあ。



ドン:自民党の山崎拓がさっそく申告したらしいね。



ツウ:なんで中国に申告してるんだよ!その問題はやっと落ち着いたんじゃないのか!



ドン:「この間ひとりフラれたから・・・えーと。イー、アル、サン・・」って。



ツウ:誰か教えてやれよ!イメージ回復しようとして混乱しちゃってるだろ!



ドン:だけど、これは絶対誰も申告しないって分かっていて制定したんでしょうね。



ツウ:うん、だからちょっとパフォーマンスの意味合いを含んだ規則なんだろうな。



ドン:でも中には「愛人はいないけど野人ならいます」って山村の役人が。



ツウ:野人なんか申告してどうするんだよ!



ドン:「同志、私、野人所有」 「私、羨望的視線」なんて会話が腐敗した役人の間で。



ツウ:野人がステータスになるわけないだろ!



ドン:「私所有、野人、直立」 「嗚呼、風太君!」



ツウ:風太君はレッサーパンダ!いいかげんなことを言うな!



ドン:すみません、ただ中国で一番多いのは「隣人」ですよ。



ツウ:ええ?確かに人口は多いけど「隣人」って何?



ドン:あ、間違えました「輪人」ですね。



ツウ:確かにみんな自転車乗っているけど!いいかげんにしろ!



おしまい


posted by 鈍ツウ at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース漫才 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月22日

「風俗離れをくいとめるために」



風俗嬢:XXX区第三小学校のみんなー、こんにちわー!ユウカお姉さんだよー!今日は皆さんと一緒に風俗の勉強をしたいと思いまーす!



生徒達:はーい。



風俗嬢:みんなー、「風俗」ってどんなイメージがある?たぶん「難しい」とか「高い」とか「よくわからない」って言うお友達が多いと思うの。でもね、本当は風俗ってそんなに難しいものじゃなくってもっと身近にあるもので体験できるものなの。



生徒達:はーい。



風俗嬢:そこで、今日はー、お姉さんがみんなと一緒にとっても面白い風俗の実験をやってみようと思います!これは、普段みなさんの身近にあるモノで簡単に風俗が体験できる実験なんです!



生徒達:はーい。



風俗嬢:それでは今日みなさんとやる実験を発表します!



生徒達:はーい。



風俗嬢:まずは「ペットボトルを使ってロケットシャワープレイができる」という実験です!



生徒達:はーい。



風俗嬢:次は「電池が入ってないバイブなのに自然に発生させた電気でバイブが動く」という実験です!



生徒達:はーい。



風俗嬢:それから「名刺に無職透明の霧を吹きかけると風俗嬢の出勤日が浮かび上がってくる」という実験です!



生徒達:はーい。



風俗嬢:そして「呼びこみのお兄さんが手をこすると、静電気で客が引き寄せられる。」



生徒達:はーい。



風俗嬢:「たった一本のストローを使ってラブ・ローションのフタを開けられる」という実験。



生徒達:はーい。



風俗嬢:最後に、みんなでダンボールを切ってスケベ椅子の展開シートを作ってみましょう。



生徒達:はーい。



風俗嬢:きっとこの実験が終わったら、もう「風俗は高い」とか「大人のもの」と言うお友達はいなくなっているんじゃないかなと思いまーす。



生徒達:はーい。



風俗嬢:みんなー、ここまで何か質問はないかなー?



生徒達:はーい。



風俗嬢:本当に何も質問はないですかー?こんな実験でいいんですかー?



生徒達:はーい。



風俗嬢:それじゃあお姉さんから質問させていただきます、・・・ここの責任者は誰だー!



生徒達:はーい。



風俗嬢:・・・・



生徒達:はーい。

生徒達:はーい。

生徒達:はーい。

生徒達:はーい。



(了)
posted by 鈍ツウ at 02:03| Comment(2) | TrackBack(0) | オススメ記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月18日

そんなアナタを見せたくない

子どもに見せたくない番組「ロンドンハーツ」など



親が子どもに見せたくないと考えている番組はテレビ朝日系「ロンドンハーツ」、フジテレビ系「水10!」、テレ朝系「クレヨンしんちゃん」の順であることが、日本PTA全国協議会(赤田英博会長)のアンケート(04年度)で分かった。調査は昨年11〜12月、小5と中2の各3000人と保護者6000人に郵送で実施。3番組を見せたくない理由は「内容がばかばかしい」「言葉が乱暴」「常識やモラルを極端に逸脱している」などが挙げられた。



毎年この「子どもに見せたくない番組」が発表されるが、我が家ではたいてい子どもに見せている番組が多い。それどころか中には僕がすすめて見せていたりするものが入っていることがある。一方、「見せたい番組」と言われているものは僕が嫌いな番組ばかりなのだ。まあ、別に僕がプロジェクトXを嫌いだと言っても小学生や幼稚園の娘達は見たいとは言わないけど。



じゃあ本日はコント「見せたくない番組」





息子:ただいまー。さーてテレビでも見るかな。



父親:おいおい、塾から帰ってきてすぐにテレビか。



息子:うん、見たい番組があるんだよ。



父親:いいけど、最近のテレビはあまりお前に見せたくないものが多くてなあ。



息子:へー、例えばどんな番組?



父親:例えばケーブルだけを淡々と写している「ケーブルテレビ」とか。



息子:そんな番組はないよ!仮に放送していても僕は見ないから安心して。



父親:それからカタカナの「イ」という文字だけ写した放送とか。



息子:それは日本ではじめてブラウン管に画像を映したテレビの実験だろ!



父親:「この番組は1192年に録画されたものです。」ってテロップが出る番組とか。



息子:鎌倉時代だよ!誰かその後で出演自粛になった武士とかいるのかよ!



父親:まあ、とにかくあまり低俗な番組とかモラルのない番組を見せたくないんだよ。



息子:ふーん、例えば父さんはどんな番組がそういう番組だと思うの?



父親:そうだなあ、たとえばシモネタが出てくる番組かな。



息子:なるほどね。親としてはそういうのはイヤなんだな。



父親:朝っぱらから「今朝は気温が低く、各地で霜が降りるでしょう」とか言われるとちょっとな。



息子:それは「霜(しも)」だろ!天気予報のどこがシモネタなんだよ!



父親:あとは演出がわざとらしかったり、モラルの低い番組はいやだな。



息子:あー、そういう番組も多いからね。



父親:遺族にインタビューしているときにわざと笑い声をかぶせる演出のニュースとかな。



息子:そんな演出はないよ!モラル以前の問題だろ!



父親:番組の最後に子どもにギャンブルを持ちかける番組とかな。



息子:サザエさんのエンディングのジャンケンの事かよ!ギャンブルなんて大袈裟だよ!



父親:それから非情にも年寄りの布団をはぎとっていく番組とかな。



息子:それはたぶん「笑点」だな!確かに出演者が老けてきて同情を誘うけども!



父親:トーク番組でも司会者が偉そうに「小泉純一郎クン」なんてトークを指名したりして。



息子:それは国会中継!トーク番組じゃねえよ!



父親:しかも「ODA」がどうしたこうしたなんてイニシャルトークしたりして。



息子:あれは誰かのイニシャルじゃないよ!もう父さんは全然テレビがわかってないよ!



父親:とにかくテレビなんか見ないで、今日からは父さんのリストラ生活を見まもってくれ。



息子:そんな父親こそ世間に見せたくないよ!もう寝かせてもらう!





おしまい
posted by 鈍ツウ at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース漫才 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月16日

チェンマイ仕掛けのアレ

ペニスを大きくしたい願望は危険!とタイ政府警告



[バンコク 13日 ロイター]タイの健康省では、ペニスのサイズを大きくしようと陰茎に液体を注入することは、避けるようにと警告が発せられた。奇形の原因になるからだ。タイでは、ペニスを大きくするためオリーブオイル等の液体をペニスに注入する手術に、ペニスを大きくしたい願望にとり付かれた10代の若者が殺到しているとメディアが報道したことを受けて、政府が警告を促した。





ドン:しかしタイでこんなブームが起こっているとは知りませんでしたね。



ツウ:低年齢化しているっていうから若者の間で流行っているんだろうな。



ドン:結局オリーブオイルが体にいいという話はデマだったんですね。



ツウ:違うよ!こういう使い方がいけないって言っているだけだろ!



ドン:でもトムヤンクンを注入すると世界三大ペニスになるらしいですよ。



ツウ:それは世界の三大スープ!考えるだけで痛そうな事を言うなよ!



ドン:きっとムエタイの選手が試合前に踊るときも「チンコ大きくなれ」って祈ってるんでしょうね。



ツウ:なんでわざわざ試合前にそんなことを祈らなくちゃならないんだよ!



ドン:「これ以上ペニスが大きくなると輪タクの運転ができなくなる」って政府も懸念したそうで。



ツウ:自分が知っているタイの知識だけでボケるなよ!



ドン:ギクッ!その通りです。タイの知識が乏しいのでここで終わらせてもらいます。



ツウ:それがいいよ!もうやめさせてもらう!



おしまい
posted by 鈍ツウ at 20:40| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース漫才 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月15日

脚本家への道(3)(オススメ)

東京は千代田区の駅前にあるビルでは、外国人のための日本語教室で今日もレッスンが行われている。彼らが日本で仕事を見つけることは10年前よりははるかに難しくなってきているのだ。



講師:本日のケース・スタディは「スポーツ漫画またはアニメに登場する外国人のライバル選手は必ず日本語がしゃべれなくてはならない」です。それではテキストの56ページを開いて。例文を私が読みますからその後に続いて発音してください。



留学中の外国人生徒一同:「イエス」





講師:ナカナカヤルナ。デモ、ソコマデダ。

生徒:ナカナカヤルナ。デモ、ソコマデダ。



講師:ソッチガ大和魂ナラ、コッチニモドイツ魂ガアル。

生徒:ソッチガ大和魂ナラ、コッチニモドイツ魂ガアル。



講師:本場ノ「ベースボール」ヲ教エテアゲマショウ。

生徒:本場ノ「ベースボール」ヲ教エテアゲマショウ。



講師:青イ目ノ柔道家ニ敗レル日ガ来タノデス。

生徒:青イ目ノ柔道家ニ敗レル日ガ来タノデス。





講師:はい、結構です。大変よくできました。それでは次のレッスンに進みましょう。次のレッスンは「スポーツ漫画またはアニメに登場する外国人のライバル選手は意外と日本文化に詳しい、または古い言いまわしに精通している」です。私の例文に続いて復唱してください。





留学中の外国人生徒一同:「イエス」





講師:ムッ、肉ヲ切ラセテ骨ヲ断ツ作戦ダナ。

生徒:ムッ、肉ヲ切ラセテ骨ヲ断ツ作戦ダナ。



講師:遅イゾ!宮本武蔵ノツモリカ!

生徒:遅イゾ!宮本武蔵ノツモリカ!



講師:私ノサーブヲ見テ鳩ガ豆鉄砲ヲ食ッタヨウナ顔ヲシテイルワネ。

生徒:私ノサーブヲ見テ鳩ガ豆鉄砲ヲ食ッタヨウナ顔ヲシテイルワネ。



講師:フウ、案ズルヨリ産ムガ易シト言ッタトコロダナ。

生徒:フウ、案ズルヨリ産ムガ易シト言ッタトコロダナ。



講師:オッホッホ、怪我ノ功名トハコノ事ネ!

生徒:オッホッホ、怪我ノ功名トハコノ事ネ!



講師:敵ニ塩ヲ送ルツモリナラヤメテモラオウカ。

生徒:敵ニ塩ヲ送ルツモリナラヤメテモラオウカ。



・・・・



東京の片隅では、職を探しに日本に来た外国人のために今日もレッスンが行われている。




(了)
posted by 鈍ツウ at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | オススメ記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月13日

「反対」とお尻に書いて

フランス国会に抗議の全裸パフォーマンス男乱入



[パリ 12日 ロイター] 木曜日に、憲法条約批准に対して抗議するために「ノン(反対)」とお尻に書いた男性が、裸になってフランス国会に乱入する事件が起こった。目撃者によれば、上院で毎週行われている質疑応答の会議中に、男性が傍聴席から討論中の会議室に飛び降りてきて、議員らをびっくりさせていたという。男性の年齢は大体30歳くらいで、すぐさま2人の係員に抑えられ、議会から連れ出されたが、男性は挑発的にこぶしを振り回して威嚇していた。男性は胸にも「ノン(反対)」と書いてあった。





ドン:またも痛ましい事件が起こりましたが。



ツウ:いや、それほど痛ましくないだろ。むしろ滑稽な事件だと思うけどな。



ドン:尻に「ノン」、胸にも「ノン」、オデコには「ビバ」って書いてあったらしいね。



ツウ:「ビバノンノン」かよ!そんなわけないだろ!



ドン:背中には「宿題やれよ。歯みがいたか?(セリフ)」と書いてあって。



ツウ:なんで全身でカトちゃん用のカンペになっているんだよ!



ドン:でもこの人は投票用紙に間違えられて議員に「ノン」と書かれたという疑惑もあるんでしょ?



ツウ:そんな疑惑はない!議員達もびっくりしたって書いてあるだろ!



ドン:すぐに議長も自分のケツに「静粛に」って書いて見せたらしいですね。



ツウ:なんでケツを介してコミュニケートしているんだよ!



ドン:しかし、日本国民もこれくらい体を張って抗議をしてもおかしくないんですけどね。



ツウ:うん、たしかに郵政民営化とかダラダラ議論しているから不満も多いしな。



ドン:そうですよ。僕らもケツに「反対」とか「賛成」って書いて国会に行きましょうよ。



ツウ:いや、別にこの人をマネする必要はないし、もっと効果的な方法があるだろ。



ドン:「郵貯事業の民営化に関しては部分的に賛成」とか具体案をケツに書いてもいいですし。



ツウ:細かいよ!あんまり細かいと議員もケツに顔を近づけて読まなくちゃいけないからいやだろ!



ドン:「市民レベルから見た改憲論議」という題名のコラムをビッシリとケツから股にかけて。



ツウ:そんなのはわざわざケツに書かずに口で言えよ!



ドン:だってケツに与えられた代表質問の時間なんてきっと短いですよ。



ツウ:いつからケツが野党になっているんだよ!ケツにそんな権限はないよ!



ドン:でもまあ結局「尻」切れトンボの議論になるんですけどね。



ツウ:・・・・



ドン:・・・フランスだけに「尻ブプレ」の方がよかったでしょうか?



ツウ:結局ダジャレかよ!もうやめさせてもらう!



おしまい
posted by 鈍ツウ at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース漫才 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月11日

それはNGだろう



まだ僕が子どもの頃。テレビを見ていると、ある番組が終わって次週放送予定の番組の予告が始まった。画面には丸っこいレタリングの文字で次週の予定番組「ラブラブ大作戦」と表示されていたのだが、アナウンスの女性の声は「来週のこの時間はうづうづ大作戦をお送りします」と言ったのだ。「ラブラブ」が丸っこい文字なので画面をそのまま見て「うづうづ」と読んでしまったのだ。これは生放送でなかったような記憶があるのだが、どう考えてもチェックをすればNGだったと思う。まあ昔のテレビは結構いいかげんだったのでこんな事があっても不思議ではなかった。



もうひとつ。学生時代に友人の家に何人かが集まってエロビデオを見ていた。とは言ってもB級の前衛芝居のようなたたずまいのSMチックな内容の、あまりエロでもないビデオですぐにみんな興味がなくなってしまった。適当にみんなで雑談しながらそのビデオを見ていると、裸の男優がロウソクを持って現れて今から女性を責めるというシーンが始まった。何せ前衛劇団のような演出だから男優のセリフもそれっぽい。「・・・すなわち精神の解放と肉体の解放が行われるとき、同時に我々の魂も解き放たれるのだ。」こんな感じのセリフを長々としゃべっていて退屈きわまりない。・・と、あまりにセリフが長すぎたのだろう、男優の手に持っていた火のついたロウソクの熱いロウが一滴男優の太股に垂れた。彼はまだセリフをしゃべっている最中だったので、



男優「・・・魂が真に解き放たれたとき、苦痛はやがて快ハフンッ!楽となるのだ。」



これもNGだろう。
posted by 鈍ツウ at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 記憶(大学時代) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月07日

「あなた色」という回答はいかがなものかと

[ナイフ教諭]質問に「答えなければ切る」鹿児島の中学

鹿児島県開聞町立開聞中学校(福元隆志校長、203人で、男性教諭(39)が授業中、質問をした際に「答えられかったら切ります」と言って、生徒にカッターナイフを突きつけていたことが7日、分かった。





ドン:ライブドアニュースからですが、また教諭の教育方針が問題になっていますね。



ツウ:うーん、こういうのってその場の状況がわからないと何も言えないんだよな。教師も普通にギャグかましたつもりが事件になることがあるし。



ドン:「答えられなければ切る」なんて倒幕派の武士に仲間の名前を言わせるとき以来使われていないセリフですよ。



ツウ:確かに。これをギャグだと勘違いしていたら相当イタイな。「世の中にある色を答えなさい」ていう質問だったらしいけど。



ドン:山手線ゲームの授業だったらしいね。



ツウ:そんな授業があるか!美術の授業って書いてあるだろ!



ドン:その次の質問が「朝には四本足、昼には二本足、夜には三本足とは何か?」だったそうですよ。



ツウ:スフィンクスかよ!それだと「答えられなければお前を食べる」になっちゃうだろ!



ドン:でも脅して質問したら生徒も緊張して答えられないから逆効果ですよね。



ツウ:そうだな。「世の中にある色」みたいに次から次に回答が出てくるような質問はリラックスさせて聞いたほうがいいだろうな。



ドン:緊張のあまり「ヒステリック・ブルー」なんて回答する生徒もいたそうですから。



ツウ:その色に関しては触れるなよ!



ドン:デジタル世代ですから「#FFFF00」みたいな回答もチラホラ。



ツウ:16進表記で表現しているだけで色の種類じゃないだろ!



ドン:まあでも今ごろこの教師は・・・



ツウ:「処分に青くなっている」とか言うオチじゃないだろうな。



ドン:いえ、自分は「シロ」だと主張しているそうです。



ツウ:ライブドアのTBだけに想定の範囲内のオチだよ、もうやめさせてもらう!



おしまい。




posted by 鈍ツウ at 15:47| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース漫才 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月01日

ジョンの魂から「神」をどうぞ



家族はお弁当を持ってお出かけ。僕は体調不良で自宅待機。楽しいゴールデンウィークだなあ。ただ、家族は誰も口をきいてくれませんが。



ジョン・レノンがビートルズ解散後に書いた曲で「神」というナンバーがある。ビートルズは夢であったと言い、神も概念に過ぎず、いまや信じられるものは僕とヨーコが存在するリアリティのみだと歌うバラードである。曲の中でジョンが「ぼくはXXXを信じない」と次から次へとあらゆるものを否定していくところが圧巻だ。久々に聞いたら感慨深かったのでここに歌詞を掲載したいが、著作権など色々問題も多いので少しだけ歌詞の内容を書き換えて発表することにする。



「神」



僕はビートルズを信じない



僕は「あ、いや、こっちの話」と言われて「そう」と簡単に納得するヤツを信じない



僕はいまどき「なるへそ」と言って納得するヤツを信じない



僕はトイレで手を洗う前にハンカチを口にくわえてから手を洗うヤツの妙な潔癖性を信じない



僕は「赤ちゃんはコウノトリが運んでくる」のコウノトリを知っているヤツを信じない



僕はカラオケボックスで得意そうにリバーブやイコライザを調整するヤツを信じない



僕は「僕もバンドやってました、まあモンゴルで言えば200ぐらいでしたけど」というヤツを信じない





いい曲だということがわかっていただけたと思う。
posted by 鈍ツウ at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。