2005年08月28日

悟り





・・・生き物は何故産まれ、そして死んでいくのであろう?・・・生きとし生けるものすべてが同じように生を享受し、やがて避けることのできない死を迎えるのであれば、それはすべからく動物、植物、鳥や虫、すべての「生」にとって「死」が「平等」をもたらすとは言えまいか。・・・



あ、これイケるね。うん、イケてるイケてる。最近の俺の中ではかなりイケてる方だと思うな。・・・まてよ、もう一回整理しておこうかな。いや、そうしよう。里に降りて徒弟の僧に説明するとき絶対にグダグダになるからな。こういうのって声に出して言葉にするとうまく言えないことが多いからね。何の為に山にこもっていたんだっていう話しだもんな。なんていうの?頭の中ではわかっているけど言葉にできない?みたいな?ハートで感じているのに相手に伝えられない?僕のソウルには響いているのに君の魂には届かないっていうの?結局言葉ってそういう限界があるでしょ?だからね、こういうときってただ喋ってもダメなんだよな。うん、たぶんなんかこう、プレゼン形式でやったほうがよくなくない?パワーポイントとか使った方が説得力とかあるんじゃねえ?しかもちょっと大胆なプレゼンで責めるとかね。俺流メソッドっていうの?いきなり結語から呈示してスライド1ページに戻るとか?マジ度肝抜かれるよねこれ。よーし決まり、これで行こう。今度は本当に悟ったって言わないとまずいもんなー。今まで何度も失敗してきたしね。この前なんか山を降りて寺についたとたんに何を悟ったのか忘れちゃったもんな。あれ、ド忘れっていうんだよな。5年も座禅組んで何やっているんだって陰口叩かれても仕方ないよな。そうそう、そう言えばずっと前にも、すんげえ宇宙の真理っていうか存在理由っていうの?あれ悟ったことあったんだけど朝起きたらすっかり忘れちゃったこともあったしね。もうね、そういうときって寝る前なんかウキウキよ、マジで。あー明日これみんなに言って驚かせようとか思ってね。で、朝起きるとすっかり忘れちゃってんのな、あれな。今度はそういうことがないようにあらかじめプレゼンのツールに入力しておこうかな。・・・で、あれ?何だっけ?さっき思いついたのって何だっけ?ウソ?・・・いやいやいやいや、えー?えっえっ?マジ?生きとし生けるものが・・・何だっけ?・・・・・えーっ?・・・マジかよおいまた何年も山にこもるのかよ・・・・え〜・・・・。
posted by 鈍ツウ at 04:07| Comment(2) | TrackBack(0) | オススメ記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月27日

あるいは押し込み強盗で

刑事が被害者の自宅で聴取を行っている



刑事:・・・で、犯人は3人組で全員覆面をしていたんですね。



被害者:はい、そうです。私が寝ているところに入ってきてお金を出せと・・・



刑事:犯人達の声の特徴などは覚えていらっしゃいますか?



被害者:ええ。全員カタコトの日本語で「オカネ、オカネ」と。



刑事:・・・ふーん。となると犯人は日本人ではない可能性がありますね。



被害者:そうなんです・・・



刑事:そのほかに何か犯人の行動で覚えていることはありますか?



被害者:あの、お腹がすいていたらしく、冷蔵庫をあけてビールを飲んだり食べ物を食べたり。



刑事:ほう、不敵にもビールを飲んでいったんですか?



被害者:ええ、ビールを飲んだ後で「チキショー!コタエラレネエナー!」とかカタコトで。



刑事:カタコトで?



被害者:ええ。「チキショー!」の時には、おぼつかない手つきで自分の額をピシャッってたたいて。



刑事:おぼつかない手つきで?



被害者:ええ、それから冷蔵庫の納豆をご飯にかけて、「ズルズルッ」て。カタコトで。



刑事:カタコトで?



被害者:ええ、箸で納豆の糸をクルクルッって切って。やっぱりおぼつかない手つきで。



刑事:おぼつかない手つきで?



被害者:その後でお刺身盛り合わせを食べて。



刑事:刺身まで食べて行きましたか!?



被害者:ええ、「カツオは今年初めてだから」って東を向いて笑ってから食べて。やっぱりカタコトで。



刑事:カタコトで笑って?



被害者:ええ。どれから食べようかお箸を迷っている仲間に向かって他の犯人が「迷イ箸、行儀悪いヨ!」って



刑事:やっぱりカタコトで?



被害者:はい。みそ汁を温め直しているときも「アチッ」ってたどたどしい手つきで耳たぶを触ったり。



刑事:みそ汁まで飲んでいったんですか?



被害者:はい。「アー、オ袋ノ味ダナー」とか「ヤッパリ最後ハコレデ締メデショ」とかカタコトで・・・



刑事:うーむ・・他に犯人の特徴で覚えていることはありませんか?



被害者:そういえば一人は風邪をひいていたようでした。



刑事:ほう。どうしてそう思ったんですか?



被害者:さかんにクシャミをしてたんです。「ハックション!・・コンチキショウ!」ってカタコトで。



刑事:「コンチキショウ!」ってカタコトで?



被害者:ええ。それから一人は壁を乗り越えて侵入してきたときにケガしたみたいで。



刑事:ほう!血でも流していましたか?



被害者:いえ、「アーア、スベッテ転ンデ大分県」ってカタコトで言っていたもので。



刑事:・・・・わかりました。後は明日、署の方で詳しく聞かせていただきます。



被害者:よろしくお願いします。やっぱり犯人は外国人なんでしょうか?



刑事:まだなんとも言えませんが、カタコトだったら外国人犯罪者の可能性が高いでしょう。



被害者:そうですよね、犯人が逃げるときに「泥棒!」って言ったら「スタコラサッサ」ってカタコトで。



刑事:やっぱり最後もカタコトで?



被害者:はい、慣れない手つきで洋服の尻を端折(はしょ)って「ニゲロヤニゲロ」って。



刑事:・・・・・



被害者:ロシア系ですかね?中国マフィアでしょうか?



刑事:・・・・



被害者:ほっかむりの手ぬぐいの結び方なんかはちょっと中南米っぽかったと言えば、ぽかったですけどね。



刑事:・・・・まあ、とにかく難しい事件だとは言っておきましょう。



被害者:よろしくお願いします。



おしまい


posted by 鈍ツウ at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月18日

自販機にはこんな言葉をしゃべらせて

自動販売機は進化する





ドン:とうとう自販機がしゃべる時代が来ましたよ。



ツウ:とは言ってもまだ限定されたいくつかの言葉をしゃべる程度だけどな。



ドン:ていうか、本当に会話してほしいのはこんなジュースの自販機とかじゃないんですよ。



ツウ:ほう。それじゃあどんな自販機がしゃべるようになればいいんだよ?



ドン:例えばお酒やビールの自販機ですよ。



ツウ:そうか?基本的にはジュースと変わらないと思うけどなあ。



ドン:違うんですよ、お酒を飲む人にはそれなりの理由があるんですから。



ツウ:じゃあ、例えばどういう風にしゃべってほしいんだよ。



ドン:例えばOLが一人でアサヒビールを買いに来たとしましょう。



ツウ:うん、缶ビールの自販機だな。



ドン:そうすると「あちらの自販機からです」ってサッポロビールの自販機からもう一本。



ツウ:損するよ!タダであげちゃダメだろ!



ドン:じゃあ設定を変えて深夜に男性がワンカップ大関を買いに来たとしましょう。



ツウ:日本酒の自販機か、よく酒屋の前なんかに置いてあるな。



ドン:すると「ごめんなさい、うちは11時で看板なの」って小料理屋の女将の声で。



ツウ:なるほど、23時以降に販売しない自販機だな。こういう時に一言しゃべってくれるとうれしいよな。



ドン:そうすると酒屋のオヤジが出てきてこの自販機をカギであけてお金を回収するんですよ。



ツウ:ふーん、そんな夜中に回収するのか。



ドン:すると女将が「何しやがんだい、この宿六!それは明日の仕入れ金だよ!」って。



ツウ:なんで酒屋のオヤジと自販機が変な内縁関係みたいになってるんだよ!



ドン:酒屋のオヤジもすがりつく自販機を足蹴にして金を持って店に引っ込んじゃって。



ツウ:どういうテクノロジーを使って「すがりつく動き」を実現しているのか教えてくれ!



ドン:自販機もほつれ毛をかきあげて「ごめんよ、お客さん。つまらないところを見せちまったねえ。」



ツウ:どこからほつれ毛が生えているんだよ!



ドン:「お詫びにあたしのおごりで一本つけるから飲んでいっておくれよ。」



ツウ:だからタダであげちゃダメだって言っているだろ!



ドン:「さ、あたしにも一杯注いどくれな。」



ツウ:自販機に飲ませるな!



ドン:「・・・そうねえ、ここまであまり良いことはなかったかしら。」ポツリポツリと身の上を。



ツウ:自販機の身の上なんて聞きたくないよ!どこからどこまでを振り返っているんだよ!



ドン:「・・その私の”いいひと”ってのが当時は花形のATMでねえ・・・」



ツウ:すっかり話しこむな!



ドン:「・・結局、こんな片田舎の販売機ってわけさ。ごめんよ、湿っぽくなっちゃったねえ。」



ツウ:全然涙腺を刺激しないよ!湿っぽくなりようがないよ!



ドン:「それじゃあ雪が降っているから気をつけて・・・あんたもあの人と同じ目をしているねえ・・」



ツウ:なんかいやな予感がするぞ。



ドン:「待っとくれ!あたしも連れていっておくれよ!」雪の中を着物姿の自販機が追いかけてきて。



ツウ:勝手に動けるようにしておいたらダメだろ!



ドン:「ハァハァ、あんた、北に行くんだろ?・・あたしももう一度やり直せるんじゃないかと・・」



ツウ:知ったこっちゃないよ!この人はワンカップ買いに来ただけだよ!



ドン:確かにワンカップ一本買うのにここまで自販機にドラマツルギーを持ち出さなくてもいいですかね。



ツウ:当たり前だよ。もっとふつうの言葉をしゃべってくれればいいんだよ。



ドン:その点、コンドームの自販機なんか楽ですよ。これは明日にでも作れますよ。



ツウ:そうか?



ドン:「いらっしゃいま・・あ・・・オホン・・」だけですからね。



ツウ:だからそんなところは人間臭くなくっていいんだよ!もうやめさせてもらう!





おしまい
posted by 鈍ツウ at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | オススメ記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月06日

この本よりも役に立つセリフの意味が満載です

男のセリフの本当の意味を知るためのガイド



ドン:こんな本が出版されたようですが。



ツウ:男性の言葉の本当の意味を知るためのガイドらしいな。



ドン:この例だと洋服を買いに行った時に男性が言う言葉が書いてありますね。



ツウ:「君には似合わないよ」と言ったら、本当は「これは高すぎる」という意味だそうだ。



ドン:で、「これを買えば」と言った場合は「家に帰りたい」という意味だそうですよ。



ツウ:ふーん。まあ、ある程度は的を得ているかな。



ドン:そうですか?これくらいなら僕だって同じような本を書けますよ。



ツウ:ほう。それじゃあ何か例を出してみろよ。



ドン:いいですよ、例えば洋服を買いに行ったときの男性のセリフで例を言いましょうか。



ドン:なるほど、同じシチュエーションだな。



ツウ:「スソはこれくらいでいいですか?」と言ったら本当の意味は「別途500円スソ上げ料金がかかります」という意味なんです。



ドン:それは洋服屋の店員のセリフだろ!



ツウ:「針に気をつけてお脱ぎください」と言ったら「ささると痛いしまた計るの面倒だ」という意味なんです。



ドン:それも店員のセリフ!しかもそのまんまの意味だから!



ツウ:「20分から30分ですね」と言ったら「40分ぐらいは見ておいて。」



ドン:スソあげにかかる時間なんてどうでもいいよ!



ツウ:「ポイントカードをお作りしますか?」は「どうせもう来ないんでしょ?」



ツウ:確かにそれはちょっとありそうだけども!



ドン:「ご自宅用ですか?」は「自分の家に洋服を着せるのかこのバカ」



ツウ:「ご自宅用」ってそんな意味じゃないだろ!



ドン:「5番に行ってきまーす」は「あたい、五番街までマリーを探しに行ってくるわ。」



ツウ:違うよ!あれはトイレとか休憩するときの店員同志の暗号なんだよ!



ドン:「包装にリボンはおつけしますか?」は「少女漫画といえば”りぼん”でしょ。」



ツウ:そんなに飛躍するわけないよ!どれだけ隠されたメッセージなんだよ!



ドン:「お支払いは一回でいいですか?」は「そんな邦題にしたら映画見る前に犯人がわかっちゃうよ!」



ツウ:もはや何の関連もなくなっているじゃねえか!どこまで行くんだよ!



ドン:じゃあ最後になりましたが「ありがとうございました」はわかりますか?



ツウ:・・・どうせ「もう来るな」とか全然違う意味なんだろ。



ドン:いえ、これは「こんな漫才におつきあいいただきましてありがとう」です。



ツウ:頼むからお前のセリフの本当の意味を知るガイドを書いてくれ。やめさせてもらう!



おしまい
posted by 鈍ツウ at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース漫才 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。