2005年11月19日

か弱きもの、そなたの名は「夫」なり

十万ヒット記念作品



まあ、実は途中でカウンターがいきなり30000ぐらい進んでしまったことがあるので、実際にはまだ100000ヒットは達成していないと思うけど。







さて世の中の亭主殿。女性関係の連絡先や秘密のカードやまずい名刺など、女房に見られたくないものがあなたのサイフに入っていたりはしないだろうか?やっぱりそんなアナタはいつヨメさんにサイフを開けられるかとドキドキしているんじゃないかな?え?僕?僕はまったく心配ないさ。秘密のヘソクリ用クレジットカードが入っているけどカミさんに開けられる心配はまったくないからさ。







よし、それじゃあ君にだけそっと見せてやろう。
























posted by 鈍ツウ at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | オススメ記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月15日

ダジャレのほかにも「やめておけばいいのに」と思うこと

美味いのに、なぜダジャレ? JALの「ですかい」



JAL が機内食をインスタントにして販売したのはいいのだがネーミングがダジャレである。やめておけばいいのに、とこの記事にも書かれているが同意である。この他にもやめておけばいいのにと感じることはこの世の中にはたくさんある。





1. せっかく主人公をホールドアップさせているのに「冥土のみやげに聞かせてやろう 」とか言って余裕を与えている間に逆転されちゃう悪人。

やめておけばいいのに



2. 暗い夜道なのに誰が見てもすごく弱そうな番頭しかお供に連れていかない江戸時代の商人。

やめておけばいいのに



3. 悪い組織につかまって縛られて拷問されているときに「いったいお前達はどこの組織なんだ?」と余計な事を聞くと「質問するのはこちらの方だ!」ってまた殴られる男。

やめておけばいいのに





・・・やめておけばいいのに。
posted by 鈍ツウ at 19:49| Comment(0) | TrackBack(1) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月13日

実は犯人はここまで礼儀正しかった

「礼儀正しい」銀行強盗、29回目の犯行に成功





ドン:礼儀正しい銀行強盗だそうですよ。まさに紳士ですよね。



ツウ:何だかアルセーヌ・ルパンみたいだけど、こいつの手口はメモを見せるだけなんだな。



ドン:きちんと列に並んで順番を待ってから窓口でメモを見せて犯行に及ぶそうですが。



ツウ:そうなると初めは全く普通のお客さんと見分けがつかないよな。



ドン:そのメモも「木々の緑が目にしみる今日この頃」って言う書き出しで。



ツウ:何でわざわざ時候の挨拶なんか書くんだよ!しかも日本語で書くわけないだろ!



ドン:逃走するときには警備員に手袋を投げつけて。



ツウ:正式に決闘なんて申し込まないでとっとと逃げればいいじゃねえかよ!



ドン:そうなると警備員もフェンシングの防具を装着して。



ツウ:そんな事するヒマがあったら捕まえろよ!



ドン:でもこの犯人は単独犯ではない気がするんですよ。



ツウ:そうかなあ?確かに手際がいいから銀行の外に逃走用の運転手がいたりするかもな。



ドン:例えばその仲間が自分より年上だったりするとしましょうよ。



ツウ:うん、まあそんな事もあるかもしれないけどね。何で?



ドン:だとするとこの犯人は少しでも目上の人より先に現ナマには手をつけませんよ。



ツウ:なんでそんなところで儒教的礼節を重んじるんだよ!



ドン:それくらいこの犯人は色々な礼儀やマナーに厳しいということですよ。



ツウ:いや、別にこの記事にはそこまで書いてないだろ。



ドン:例えば先に銀行強盗が終わると先輩たちに「えーお先に勉強させていただきました」。



ツウ:落語家の楽屋の風景か!何で兄弟子みたいなやつがいるんだよ!



ドン:あと、防犯カメラを壊したときに大きな音が店内に響くから「失礼しましたぁ」って。



ツウ:それはファミレスの店員がグラスを落としたときのマニュアル!



ドン:人質をとって逃走用の車で逃げるときも人質は運転席の後ろに座らせるとかね。



ツウ:それはビジネスマナー!お客様とタクシーに乗るときの上席の場所!



ドン:最後に逮捕されるときに逮捕状を差し出されても「ちょうだいいたします」って。



ツウ:名刺交換か!もうやってられないからやめさせてもらう!



おしまい
posted by 鈍ツウ at 09:04| Comment(4) | TrackBack(1) | ニュース漫才 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月10日

タカアンドトシに感謝しつつ

まれに同じツッコミが続くことがあるよねという話。



とある会社のある部門が研修に行ったときの話。部内の全員が2泊3日で温泉地の研修場で会議をしていたのだが、初日は今後の部内の方針を含めた会議が続いたのだった。研修場は空気が乾燥していたせいで咳をする人が多く、A課長がB課長に「私、せき止めのうがい薬を持っていますよ、今からトイレでうがいしてきますけど一緒にいかがですか?」B課長「あ、お願いします。」と二人で小さなポーチを持ってイソイソと連れだってトイレに向かっていった。女子高か!オヤジがポーチを持ち歩くなよと。



午後の会議も終わり、さあこれから温泉に入って宴会だというときになって主任が「あ、今日お客さんに計画変更の電話するのを忘れていた!」と言い出して、新入社員に「君、悪いけど先方の品質管理責任者に電話してくれない?それでYさんを呼び出してもらって私に代わってほしいんだけど。」事情があって品質管理責任担当には本日休暇と伝えてしまった手前この主任は電話に出たくないというのだ。新入社員が電話している横で「よろしくね。本人が出たら私が代わるからね。」新入社員も「Yさんがいればいいですね。ドキドキドキド」女子高か!告る電話を友人がヘルプしているのか。



二日目、午後から自由時間で施設にある温水プールに入ることになった。幹事がプールの使用許可のため全員の名前をフロントで記入していると、キレ痔の持病を抱える40代のTさんが「あ、私はきょうはプール入れない日なので見学しまーす。」だから女子高か!「昨日、切れちゃって今日二日目なんでツラくて」二日目とか言うな。



まれに同じツッコミが続くことがあるという話でした。
posted by 鈍ツウ at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月05日

完全なる逃走方法とは?

[死刑囚脱走]囚人服を着替え、堂々と 米テキサス州





ドン:死刑囚が脱走したなんて小説みたいですね。



ツウ:こんな簡単に脱走できるなんて信じられないな。



ドン:何でも洋服を着替えただけで脱走できたそうですよ。



ツウ:そうなんだよ。まさか看守も囚人だとは思わなかったんだろう。



ドン:オレンジ色の囚人服から、横シマ模様の服と足にオモリという格好に着替えたそうで。



ツウ:そっちの方がずっと囚人っぽいよ!そんな格好に着替えても意味ないだろ!



ドン:看守には「ちょっと死ぬ前にシャバの空気を吸ってくる」って堂々と。



ツウ:そんな事を言ったらバレるよ!



ドン:脱走後は「氏 圭周」って言う偽名で警察の目をのがれて。



ツウ:なんでわざわざ「死刑囚」を連想させる偽名を使っているんだよ!



ドン:そうなんですよ。そこであわてて「周 臣啓」に名前を変えて。



ツウ:それでもまだ「終身刑」を想像させる!相変わらず脱獄犯のイメージは残るだろ!



ドン:命からがら逃走中に昔の仲間の「脱 極周」にバッタリ会って。



ツウ:そいつも絶対に脱獄囚だぞ!



ドン:二人でアフリカから来た「カクマウ」さんの家に身を隠して。



ツウ:そんな都合のいい名前の人がいるわけないだろ!



ドン:ウ・ラギール共和国から来た口の固い「ネガエル」さんに事情を話して。



ツウ:そんな名前じゃ信用できないよ!絶対にタレコミされるぞ!



ドン:挙句の果てには昔に別れた女から「元カレ」じゃなくて「元シケ」なんて呼ばれて。



ツウ:「元・死刑囚」なんて呼ばれたらすぐに捕まるよ!



ドン:「また捕まっても勇気を出してダツゴクっちゃえよーっ」って仲間に励まされて。



ツウ:「告っちゃえ」みたいに軽く言うなよ!ていうかそこまで知れ渡ったら捕まるだろ!



ドン:ええ、テキサスだけに警察のワナにヒューストンと。



ツウ:逆にベタなダジャレが新鮮だな!やめさせてもらう!



おしまい
posted by 鈍ツウ at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース漫才 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月03日

宴会帰り





課長、しっかりしてください。そろそろ家に着きますよ。
posted by 鈍ツウ at 08:26| Comment(3) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。