2007年06月29日

ヨソイキの服で

Two-Birds.jpg

あ、いま手を上げたのがウチの子ザマスのよ。
posted by 鈍ツウ at 00:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 写真で○○○ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

告発者

じゃあ日記で。

時々カミさんがきついボディスーツのようなコルセットのような下着を着ている。それを着けていると体型がしまってみえるそうで、ワキの肉を寄せて胸のほうに持ってきている。これは明らかに今話題の肉の偽装である。何年も前から意図的に行われてきた明らかな偽装行為なのである。

そんな下着を着けた上に外出着を着て出かけようとしていると宅配のお兄さんが牛乳を運んできたのだった。「ダイエットしなくちゃいけないと思っているんだけど低脂肪牛乳っておいしくないのよねえ。」「いやあ、奥さん全然太ってないじゃないですか。」コープの配達員まで欺いている!生協をだましているところも構造的にあの事件と同じなのである!

ところで告発者の身の安全は確保してくれるんでしょうね。

posted by 鈍ツウ at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

僕もある意味悪人顔ですけど

先日はじめて会う他部門の方々と会議をしたのだが、この方々がそろいもそろってみな悪人顔で、しかも立ち居振る舞いまでまるっきり悪者のそれである。実際には非常に仕事熱心でマジメな人たちなのだが、新規ビジネスの話が盗賊の夜襲の相談にしか聞こえない。

とにかくやっかいな仕事の後始末はしてくれるし、数字が苦しい営業に商談を見つけてあげるわと献身的な部隊なのだが彼らのグループを見るとどうみても悪役の大部屋の雰囲気だ。

悪人A「・・というわけであの案件は我々の方で後始末しておきますよ、グエッヘッヘッヘ」

悪人B「ついでに今後の発注も半分は第二営業部経由で入れてもらうようお願いしておきましたぜ。」

悪人C「あのまま放っておいたら先方の担当部長は今頃心臓マヒでも起こしていたことだろうぜ。」

悪人D「(みんなと顔をみあわせ)ちげえねえや!」

一同「グワーッハッハッハッハ!」


お前ら雲助か。


posted by 鈍ツウ at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月16日

リスが襲った本当の理由は・・・(漫才ネタ)

リスが凶暴化し高齢者3人を襲う


ドン:リスだからといって油断できませんね。

ツウ:まったくだな。色々な説があるけど本当の理由はわからないみたいだしね。

ドン:一説によるとリスが「肩がぶつかった」って言っていたらしいけど。

ツウ:チンピラか!なんで人間とリスの肩がぶつかるんだよ!

ドン:他の説だとリスがこのおばあさんを「松島トモ子と間違えた」って。

ツウ:あれはライオン!古い話すぎて誰もわかんねえだろ!

ドン:アイドル写真集の発売日でみんな金を持っていそうだったって。

ツウ:アキバのオタ狩りか!アキバでもなけりゃ、襲われたのは老人ばかりだろ!

ドン:松葉杖で反撃した老人も「自衛のために松葉杖を所持していた」って警察に弁解して。

ツウ:アキバ系の護身用ナイフじゃないんだから言い訳しなくていいよ!

ドン:でもね、これもリスだからこの程度で済んだんですよ。

ツウ:そうなんだよ、他の動物だったら大変だったろうな。

ドン:ヌエとかね。

ツウ:被害状況を想像できねえぞ!ヌエの大きさとか攻撃能力はどれくらいなんだ!

ドン:じゃあクエとかね。

ツウ:それは魚だろ!もっと大型な動物のケースで話をしようぜ!

ドン:シロナガスクジラとかね。

ツウ:だから地上の生物で!大型犬とか家畜じゃダメなのかよ!

ドン:いや、犬や牛やブタだったらまだ想定できるんですよ。こわいのはリスみたいに普段おとなしそうな生き物ですから。

ツウ:ほう、例えば?

ドン:ガンジーとかね。

ツウ:確かに普段は無抵抗主義って言っているけど!もう死んでいるから!

ドン:じゃあピーターバラカンとか。

ツウ:この人も温厚そうだけども!もっとリスに近いところから考えろよ!

ドン:リスに近いといえば・・・「ウス」とかね。

ツウ:サルカニ合戦か!いい加減にしろ!もうやめさせてもらう!


おわり
posted by 鈍ツウ at 11:49| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース漫才 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月12日

点と線とYシャツと私

警部:なるほど・・・これは巧妙なトリックかもしれん。

刑事:とおっしゃいますと?参考人の黒田のアリバイを崩すことができそうですか?

警部:黒田が山陽道のサービスエリアの写真を持っていたため、我々は自動車にとらわれすぎていた。

刑事:確かに。しかし、それがどうしてヤツのアリバイ崩しになりますか?

警部:時刻表を見てみたまえ。この村に近い在来線の駅から乗れば6時間後には新宿に着くことができる。

刑事:おお!となると黒田はどこかで自動車を乗り捨てて鉄道で逃走した可能性がありますね!

警部:このあたりは過疎地で一日に数本しか汽車は来ないから駅員が黒田の顔を覚えているかもしれん。

刑事:そうですね!早速最寄りの駅までパトカーで行ってみましょう。

・・・・・・

警部:うむ、ここで自動車を停めてくれ。おそらく乗るとしたらこの駅だろう。

刑事:しかし見るからに田舎の過疎地ですね。あ、ちょうど汽車が来ましたよ、警部。















pic01950.jpg




警部:・・・・・・・・・・

刑事:・・・・・・・・・・

警部:・・・・・・・うっ、心臓が。・・・

刑事:警部!しっかりしてください!警部!警部!


FIN
posted by 鈍ツウ at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月03日

お久しブリットポップス

かなり更新していなかった。忙しいやら体調不良やらだったので、ネタがゴールデンウィークごろのネタだ。

ゴールデンウィーク期間中に出社して会社周辺の定食屋でちょっと足りない先輩とお昼を食べようとしたら、軒並みお店が休みだった。目当ての定食屋の近辺にうどん屋やらカレー屋があるので先輩が「よし、手分けしよう。オレがうどん屋を見てくるからお前はカレー屋を見て来い。」と言って先輩は20メートルぐらい離れたうどん屋の方に走って行き、その店の前に貼ってある張り紙を読んでいた。すると先輩は遠くから僕に向かって

「おーい、ゴールデン期間中はいつもウィークで申し訳ありませんだってさ!」

で、なぜか通行人がいっせいに先輩ではなくて僕の方を見た。

40年以上生きてきていまだにまともに日本語を読めない先輩が一線で活躍しているのだからこの業界は・・・

posted by 鈍ツウ at 03:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。