2007年02月13日

編集さん

まあね、最近はあなたみたいにこうやって直接出版社に原稿を持ち込む人っていうのも少なくなってきているんですよ。で、ひと通り読ませていただきましたけどね、ええ。推理小説っていうのはね、今かなり難しいジャンルだと思うんですね。とりわけミステリーっていうのは謎解きというかトリックっていうのが大事であってね、あなたの小説はちょっとそこが弱いって言うか、うーん、まあはっきり言ってダメなんですね。つまりこの小説に出てくる探偵のアリバイ崩しとかタネあかしがおかしいんですよね。えーと、例えばこれね、このページの探偵の謎解きの場面なんですが・・・

・・その時刻に東京にいる綾子に犯人がどうやって連絡をとったかって?・・ケータイですよ!犯人は携帯電話を持っていたんだ!


あのねえ、これ今の時代だったら誰でも思いつくから。この物語の設定って2006年でしょ?だったら携帯電話の普及率って相当なもんですよ。だとするとおかしいでしょ、誰もこのトリックに気が付かないってのは。えーと、あとはこれね、この探偵のタネ明かしのこれ。

下山さん、あなた今「そんなことをとっさに調べられるはずがない」って言いましたね。・・・ところが犯人はずっとパソコンを使っていたんです。そうです。犯人はググッたんだ!グーグルですよ、グーグルで調べたんだ!


いやね、これも誰でも考えるでしょ。普通パソコン持っていて何か調べるっていったら大抵グーグルとかヤフーとか見るでしょ。それなのに何でこの探偵はしてやったり顔で解説しているんですか。まあいいや、ここまではそんなにうるさく言いませんよ。一番おかしいのはこれ、このシーンですけど。

奈美子さん、あなたは第一の殺人が起こった夜に柏崎さんがひどく泥酔して帰ってきたのをホテルの窓から見たと言っていましたね。暗くてよく見えなかったが、かなり酔っている様子でまっすぐ歩けなかったようだと証言しました。本当は柏崎さんは酔っ払ってまっすぐ歩けなかったわけではなかったんです、実は柏崎さんはカニだったからまっすぐ歩かなかったんです!


何ですか?これって毒でも盛られていたからまっすぐ歩けなかったのかなと思ったら、カニだったって?あのね、これって人間が殺されるから殺人事件なんですよ。カニなんてどうでもいいし、しかも柏崎さんってれっきとした名前がある人物じゃないですか!それから、まだおかしなところがありますよ。この犯人が上野から特急に乗ったところを目撃されているから、犯行時間に現場にいるはずがないっていうアリバイですけど。あのね、時刻表トリックっていうのはかなり人気のあるジャンルですから僕も読んでいて期待していたんですよ。でもね、この探偵の分析は何なんですか?

つまり犯人はかなり急いだんですよ!犯人はいそいでバーッ!と犯行現場に行って、ガーッ!殺してチャチャッと細工をして、んでまたワーッって戻ったんだ!


何これ?何なの?全然わからないんだけど。いそいで片付けたら何でもできるんですか?・・・・まあね、こんなのはまだマシですよ。ひどいのはこれ。この「歌の歌詞通りに次々と殺人が起きる」っていう設定。この設定自体もとてもミステリアスでいいんですよ。ところがこの探偵がこのトリックに気が付くときにどの歌か書いていないからわかりづらい。ここまで読んでみても殺人に関係しそうな歌らしい歌なんてまったく出てこないし、唯一歌らしい歌って言えばその柏崎さんって言う人が酔って歌っていた植木等のこの歌だけですよ。

♪ホンダラダ、ホンダラダ、ホンダラホダラダ ホ〜イホイ ♪


この歌のどのあたりで人が殺せるんだよ!殺人のヒントなんてまったくないじゃないか!それからもっとおかしいのが、この「奇妙な叫び声」っていうやつなんだけど、これってこの主人公の奈美子が奇妙な声を夜中に聞いたっていう証言のタネあかしでしょ?

奈美子さん、あなたが夜中に聞いた「ホンニャラゲー!」という動物の鳴き声は、実は真二さんが殺害されるときの「ホンニャラマゲラー!」という叫び声だったんです。人間は理不尽に殺害されるときにしばしば「ホンニャラマゲラー!」と叫ぶことが知られていますからね。


・・・・何これ?・・・あんたね、いいかげんな事ばっかり書いていると本当に殺すよ?・・・何、「・・あ、そうか。ホンニャラマゲラー!」とかあわてて叫んでいるんですか!とにかくこんな小説はうちでは出版できませんから他をあたってください。何ですか?そんな目をしてもだめですよ。え?いつか殺してやる?ホンニャラマゲラー!・・・・って言うと思ったか!出て行け!

おわり

posted by 鈍ツウ at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。