2007年06月12日

点と線とYシャツと私

警部:なるほど・・・これは巧妙なトリックかもしれん。

刑事:とおっしゃいますと?参考人の黒田のアリバイを崩すことができそうですか?

警部:黒田が山陽道のサービスエリアの写真を持っていたため、我々は自動車にとらわれすぎていた。

刑事:確かに。しかし、それがどうしてヤツのアリバイ崩しになりますか?

警部:時刻表を見てみたまえ。この村に近い在来線の駅から乗れば6時間後には新宿に着くことができる。

刑事:おお!となると黒田はどこかで自動車を乗り捨てて鉄道で逃走した可能性がありますね!

警部:このあたりは過疎地で一日に数本しか汽車は来ないから駅員が黒田の顔を覚えているかもしれん。

刑事:そうですね!早速最寄りの駅までパトカーで行ってみましょう。

・・・・・・

警部:うむ、ここで自動車を停めてくれ。おそらく乗るとしたらこの駅だろう。

刑事:しかし見るからに田舎の過疎地ですね。あ、ちょうど汽車が来ましたよ、警部。















pic01950.jpg




警部:・・・・・・・・・・

刑事:・・・・・・・・・・

警部:・・・・・・・うっ、心臓が。・・・

刑事:警部!しっかりしてください!警部!警部!


FIN
posted by 鈍ツウ at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/44563892

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。