2008年02月01日

コメント掃除当番終わりました

久々に自分のブログみたらアダルトな宣伝ばかりのコメントで何度か更新する気が失せました。しかし不思議だ、中学生のころだったら「アダルト」という単語だけで元気になったものだが、まさかこんなにウンザリすることになるとはねえ。

米国ドラマの「CSI:科学捜査班」とか、コーンウェルの検視官シリーズの小説とかが好きだ。現代科学で犯罪を解決していく過程が面白くてついハマってしまう。こういう人たちが言いそうなセリフというのを考えてみました。(本当はこんなにダサいことは言わないと思うけど・・・)

A:「目撃者もいないし、死後何日ぐらいか皆目検討もつかないな。」
B:「なーに、彼らが教えてくれるさ」(と、死体にたかったウジ虫を指差す)


(精液を分析しながら)「まったく、レイプ犯というヤツはずいぶんと気前良く証拠を残していってくれるものだな。」


女:「そんなにアタシの事を知りたいのならひと晩一緒に過ごすというのはどうかしら?」
男:「それには及ばない、口内の粘膜をちょっとだけ採取させてもられば済む。」


逆に絶対に言いそうにないセリフというのも考えてみました。

「ヤツは匂うぞ。これは長年の刑事(デカ)の勘ってやつだ。」


「DNA鑑定だか何だか知らねえけど、ここは”落としの澤さん”に任せておけ。」


「山手線の平助、スリの現行犯で御用だ!」


だってこんなことを考えているのが好きなのだからしょうがないじゃないですか。
posted by 鈍ツウ at 01:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月08日

年齢とツキ

何かの本でマージャンのプロが「若いころは一発でドラを引いたりしたものだけれど歳をとるにつれてそういうツキがなくなってきた。やっぱりツキで勝てるのは若く体力があるうちで、歳をとってきたら技術で勝負しなくては。」みたいなことを言っていたが僕も似たような経験がある。いや、別にギャンブルの話ではないのですけどね。

先日混雑した大型スーパーで買い物をしていると2歳ぐらいの男の子とその父親らしき男性がキョロキョロとあたりを見回してこんな会話をしていた。

父親:「ママはどこに行っちゃったんだろうねえ。」
子供:「うん、ママいないねえ。」
父親:「ター君、ママを呼んでごらんよ。」

と父親が言うと、その子供が大声で

子供「ママゴリラーッ!」

と叫んだ。父親があわてて子供の口をふさぎ、出口の方に連れて出て行ったのだが、見ていてなかなか微笑ましい光景だった。たぶん父親と子供の間ではいつも母親のことを「ママゴリラ」って呼んでいるんだろうなあ。

まあこのエピソードはここで終わりなのだが、ここでふと思ったのだ。若いころのツキにめぐまれていた僕だったら、絶対にこの後でゴリラそっくりの奥さんがキョロキョロとあたりを見回しながら通り過ぎるのを見ることができたはずなのだ。

近ごろは神様があまりサービスしてくれなくなったなあ・・・

posted by 鈍ツウ at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月03日

「賀正」とか「謹賀新年」だって元々は「あけおめ」とか「ことよろ」みたいな感じでできた言葉だから。

あけましておめでとうございます、今年もこのブログをよろしくお願いいたします。ちゃんとマメに書くから。

かなりブログを書かなくなってしまったのだが、考えてみるといくつか理由がある。忙しいとはいえ少しは時間がとれそうなものだが、個人的に遅まきながらサラリーマンとして少し覚醒してしまった感があり、時間ができると仕事のアイデアばかり考えているのだ。いい歳になってからこんな自覚がでてきても遅いことはわかっているのだが、やりたいと感じたアイデアやプランを実行しないと激しく後悔するようになり、それがとても苦しいので仕方がない。もうひとつの理由としては、今までブログに書いていたパターンの笑いに飽きてきてしまったことがあげられる。同じようなネタならいくらでも書けると思うが自分が楽しくないのでネタが浮かんでもいまひとつテキストを練る作業が面倒になってきている。新しいスタイルやパターンを捻出すればまた新鮮な気分でネタも書けると思うのだがそれを考える時間がなかなかとれないでいる。で、たまに浮かぶネタは明らかに映像的なものが多く、これはたぶん自分がテキストの笑いに倦んでいるからそういう方向に思考が流れていっているのだろうな。

まあいずれにしても新しいスタイルを試行錯誤するとして、それまでは粛々と日記でも書いていきましょうかね。ところで久々にハードディスクに入っているネタのファイルを開いたら、酔って書いたこんな殴り書きがあった。

博多弁の医者:「自律神経って知っちょうと?」 -> 「自律神経失調症」


絶対に大したネタじゃないと思うが、いったいどんなネタを書こうとして書き留めたのかまったく思い出せない。他にもこんなメモがある。

オシム監督の代わりにアフリカの小国から監督を呼ぶ。グラウンドではその監督の母国語からアフリカの少数民族言語への通訳と、その言語からケニア語への通訳と、ケニア語からフランス語への通訳とフランス語から日本語への通訳がいる。全員で大声で選手に指示していてゴチャゴチャとわけわからない。


たぶんこういうコントをやりたかったんだろうな。これって「絵」として面白いけどテキストにしてもねえ。まあ新しいスタイルの模索は頑張ってみますよ。

じゃあ最後に一句詠んでお別れしましょう。

解せません ラッキーアイテムが 「フナ侍」


今年もよろしくフナ
posted by 鈍ツウ at 02:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月03日

switch

すんげえ久々日記

先日とある駅前で時間をつぶしていると数人の若者がテーブルやらスピーカーを設置してカード入会のキャンペーン活動をはじめた。一人の男性がスピーカーのスイッチを入れて「この機会にご入会ください」と叫んで、ときどきスピーカーをオフにしてはそばにいるアルバイトのような青年にテキパキと指示をしてパンフレットの用意などをしていた。

スピーカーのスイッチをオン
「どうぞこの機会にご入会ください!」

スイッチをオフ
そばの青年に仕事の指示

スイッチをオン
「数々の特典が用意されております!」

スイッチをオフ
そばの青年に仕事の指示

と、そこに突風が吹いて来て彼らが積み上げていたパンフレットが飛ばされそうになった。青年とその担当者があわててパンフレットを押さえて事なきを得たのだが、これによってどうも切り替えがおかしくなってしまったようで。


スイッチをオン
「ちげーよ!バカ!」

スイッチをオフ
どーぞこの機会にご入会ください

切り替えポイントがなんかンガガッってなっちゃったんだろうな。

posted by 鈍ツウ at 22:16| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

君の名は

あれ?エントーさんのところの日記エントリーがなくなってますね?先日お酒を一緒に飲んだのでそのときの日記をトラバをさせてもらおうと思ったのですが。

ところでこの前「残念な先輩」とお昼ご飯を食べていたらこんなことがあった。先輩はラーメンを頼んだのだが、そのラーメンが運ばれてくるとそのラーメンを運んできたウェイトレスに向かって、「あっ、スミレ」と言ったのだ。え?スミレってこの女性の名前?初めてくる店じゃないからその女性の名前を知っていても不思議ではないのだが、ウェイトレスも僕らも何がなんだかわからずポカーンとしてしまった。すると先輩が、ウェイトレスに向かって「だから、あの、スープを飲むときに使うスミレがないって言ってるの。」

それはレンゲだよ!

posted by 鈍ツウ at 00:45| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月29日

告発者

じゃあ日記で。

時々カミさんがきついボディスーツのようなコルセットのような下着を着ている。それを着けていると体型がしまってみえるそうで、ワキの肉を寄せて胸のほうに持ってきている。これは明らかに今話題の肉の偽装である。何年も前から意図的に行われてきた明らかな偽装行為なのである。

そんな下着を着けた上に外出着を着て出かけようとしていると宅配のお兄さんが牛乳を運んできたのだった。「ダイエットしなくちゃいけないと思っているんだけど低脂肪牛乳っておいしくないのよねえ。」「いやあ、奥さん全然太ってないじゃないですか。」コープの配達員まで欺いている!生協をだましているところも構造的にあの事件と同じなのである!

ところで告発者の身の安全は確保してくれるんでしょうね。

posted by 鈍ツウ at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

僕もある意味悪人顔ですけど

先日はじめて会う他部門の方々と会議をしたのだが、この方々がそろいもそろってみな悪人顔で、しかも立ち居振る舞いまでまるっきり悪者のそれである。実際には非常に仕事熱心でマジメな人たちなのだが、新規ビジネスの話が盗賊の夜襲の相談にしか聞こえない。

とにかくやっかいな仕事の後始末はしてくれるし、数字が苦しい営業に商談を見つけてあげるわと献身的な部隊なのだが彼らのグループを見るとどうみても悪役の大部屋の雰囲気だ。

悪人A「・・というわけであの案件は我々の方で後始末しておきますよ、グエッヘッヘッヘ」

悪人B「ついでに今後の発注も半分は第二営業部経由で入れてもらうようお願いしておきましたぜ。」

悪人C「あのまま放っておいたら先方の担当部長は今頃心臓マヒでも起こしていたことだろうぜ。」

悪人D「(みんなと顔をみあわせ)ちげえねえや!」

一同「グワーッハッハッハッハ!」


お前ら雲助か。


posted by 鈍ツウ at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月03日

お久しブリットポップス

かなり更新していなかった。忙しいやら体調不良やらだったので、ネタがゴールデンウィークごろのネタだ。

ゴールデンウィーク期間中に出社して会社周辺の定食屋でちょっと足りない先輩とお昼を食べようとしたら、軒並みお店が休みだった。目当ての定食屋の近辺にうどん屋やらカレー屋があるので先輩が「よし、手分けしよう。オレがうどん屋を見てくるからお前はカレー屋を見て来い。」と言って先輩は20メートルぐらい離れたうどん屋の方に走って行き、その店の前に貼ってある張り紙を読んでいた。すると先輩は遠くから僕に向かって

「おーい、ゴールデン期間中はいつもウィークで申し訳ありませんだってさ!」

で、なぜか通行人がいっせいに先輩ではなくて僕の方を見た。

40年以上生きてきていまだにまともに日本語を読めない先輩が一線で活躍しているのだからこの業界は・・・

posted by 鈍ツウ at 03:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月04日

ソフト日和

家族で買い物に行くとカミさんが自分の洋服などを選んでいるときに僕が下の娘の面倒を見ていることが多い。最近のショッピング・モールなどではクレープ屋やアイスクリームの屋台があったりするので僕は適当にそういうものを買って子供に食べさせて時間をつぶしているのである。この間もそうしてカミさんの買い物が終わるのを待っていると、買い物を終えたカミさんがやってきて子供が食べているソフトクリームを目ざとく見つけ、おもむろにひとくちパクリと食べた。当然子供が「あ〜ん!アタシのアイスぅ!」と泣くとカミさんが、

控えい!ソフトクリーム検めである!

ソフトクリーム検(あらた)めとは:
江戸末期に勢力を伸ばしていた旗本・御家人を牽制する目的でソフトクリームなどの贅沢な嗜好品を吟味する組織が勘定奉行直轄に設けられたもの。


ペロリ!パカランパカラン!(次の買い物に走り去っていく)

そんな感じです。

sushi-ya.jpg
posted by 鈍ツウ at 08:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月24日

誠実というもの

最近は外出が多くて忙しいんです。

先週はかなりスケジュールがビッシリと埋まってハードでした。そんなときは家に帰ってベッドに倒れこむ時の「バタン」という音の後で必ず「キュ〜」と小さな声で言うところが僕の誠実なところです。え?僕?基本的に誠実ですよ。「がってん承知の助!」って言った後は必ず心の中で「(架空の人物です)」って言いますもん。SMAP の剛クンの名前を口にするときには絶対(なぎは弓ヘンに「前」の下に「刀」のつくり)って心の中で言いますからね。でも自分が一番誠実だなあと感じるときはやっぱりコレですかね。

「あきれてモノも言え・・・」

ね、誠実でしょ?

おやすみなさい。
posted by 鈍ツウ at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

一言お礼を

一概に都市伝説とは片付けられないことってある。真偽は確かでないが、こんな話を人伝えに聞いた。

休日の雑踏。一人のサラリーマンらしき男が道端で立ち止まると、おもむろにスーツの上着とズボンを脱いで「アポポポポ」と口に手をあてて叫んだ。かと思うと、その場で踊りだし、自分の尻をパンパンと叩いては「アポポポ」と言いながらぐるぐると回りながら踊り続けたとのこと。唖然とした通行人たちが立ち止まって見ていると、ひと通り踊りが終わった彼はズボンをはき、ネクタイを直し、空中をみすえて大声でこう言った。

「見たか!約束は守ったぞ。これで地球侵略はあきらめてもらえるんだろうな!」

この人にひとことお礼を言いたいんだけど。

posted by 鈍ツウ at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

慣用句とか

日記でもくらえ。

会社である取引先のうわさが出たときにそのうわさの真偽をはかりかねていると同僚が「昔から火の無いところに・・っていいますからね。」と、何も根拠がないところからこんなうわさは出ないと言い切った。それはいいのだが「火の無いところに」で切らないでちゃんと最後まで言ってくれないと何だか気持ちが悪い。別に日本語をきちんと使おうとかそんなことは全然考えてないし普段の僕の立ち居振る舞いや言動はむしろその逆みたいなことが多い。でもことわざとか慣用句をちゃんと最後まで言わない人ってなんだか多いんですよ。しかも簡略する意味がないパターンが多い。

ねえねえ、経理の清水さんって最近整形したっていう話だけど知っていた?・・・しっ。噂をすればなんとやら


「噂をすれば」まで言ったんだったらその後はもう「影」でいいじゃん!「なんとやら」の方が字数が多いし、そこまで言ったらごまかせないよ!・・・なんてなことを感じる日々です。


じゃ、最後ネタやりまーす。ショートコント「修行」

「拙者、剣術で諸国修行中の身なれど金子が足りずに食べるものに困っておる。マキ割りでも何でもするのでメシを食わせていただけぬか?」

主人「そうですか。まあ困ったときはお互い様です。さあ、たんとお食べなさい。」

「かたじけない。ムシャムシャムシャムシャムシャムシャムシャ・・・」

主人ひょっとしてムシャ修行かよ!


最後ネタやるんじゃなかった。
posted by 鈍ツウ at 01:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月03日

ゆるいカンパニー

日記いきま〜す。

社会人になったばかりの記憶なのでかなり前の話だが、開発した製品をある客先に納品に行ったことがある。そのお客は某グループの研究開発機関で、訪問してみると何というかかなりゆる〜い雰囲気の会社だった。社員は形だけは研究所の制服を着用しているのだがなんともふんわりとした雰囲気の社内だった記憶がある。なんとか製品の納入も終わり、先方の担当者と話しをしていると、秘書というか受付もやっているアドミニストレータの女性がお茶を運んできたのだが、その女性がお茶をおいて戻るときに立ち上がっていた先方の担当者にいきなりカンチョーをしたのだ。担当者が飛び上がって「いてーっ!」そりゃ痛いだろう。一方その女性はキャッキャ言いながら走って逃げていき、受付からこっちを見て「や〜い、や〜い」と担当者に向かって手を振っていた。一方担当者は「すみません・・どうも。」と僕らに向かってあやまる。僕と同僚はいったい何が起こったのかわからずポカーンとしていたのだが、打ち合わせを続けることにした。しばらく打ち合わせをしているとその女性がこんどは忍び足でそ〜っと担当者の背後から近づいてきて、丸めた書類で担当者の頭をポカッ!「スキあり!やーい、くやしかったらアタシを」この会社スキありすぎ!

この人たちはまったく社会人としてのスキルはない。ただ開発集団として能力は高いのは実績を見ればわかるが、それなら制服とか着ないで現代のIT企業みたいに自由にやってほしいんだが、ヘタに会社の体裁をとっているだけにすごい違和感があったなあ。

pur7517f1101d01a3bd.jpg
posted by 鈍ツウ at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月08日

最近はカッターシャツ着ています。

どこまで日記で押し通せるか。

先日デパートに行ったらブランド物のYシャツの安売りが行われていた。ワゴンに積まれているシャツを物色していると、僕の隣で30前後ぐらいの女性がシャツを見ながら携帯電話で話し始めた。


もしもし、パパ?カッターシャツの安売りしているから買っていくけど、サイズ教えて。クビ回りのサイズ。・・・・84センチ?・・トドか!


その女性は携帯電話を切ると、連れらしき奥さんに「ああ、ごめんごめん袖丈とまちがえちゃった〜。」って下唇を出してダンナの口調を真似ていた。そのマヌケなダンナさんの代わりに僕がその場であやまってあげたくなった。

yasashisa.jpg
posted by 鈍ツウ at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月02日

仕事していたプンプン

日記。

昨日の昼食。マクドナルドでテイクアウトをして会社に戻って袋を開けたらセットのジュースが入っていなかった。すぐにレシートに書いてあった番号に電話するとマックの店員が会社のビルの僕のフロアまで届けるとのこと。ちょっとプンプンしながら届けに来たモノを受け取るとジュースだけではなくてもうひと袋サービスでポテトのようなものが入っていたのでちょっとプンプンおさまる。全部食べ終わってそういえばポテトがあったんだな、と思い出して袋を開けてみると何とサービスはアップルパイ。ポテトを期待していただけに再度プンプン。タダでもらったものに腹を立ててはいけないのでプンプンおさまるが満腹なのでアップルパイはとっておく。やがて残業時間になり、夜も遅くなったのでそのアップルパイを食べてみたけど冷えているわ、ポロポロこぼれるわでまたプンプン。でも届けに来た店員はかなり年配の人で平謝りに謝っていたからかわいそうだったなあ、と述懐してプンプンおさまる。「そういうのはわざと年寄りに届けさせるのよ、NHK の集金みたいなものなの。」とカミさんに聞いてまたプンプン。

よしよし、普通の日記っぽい。(まだまだ)

uq.jpg
posted by 鈍ツウ at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月04日

断片的日記

そういえば今年からちゃんとここに日記を書くようにしようと決めたところだったんだ。こんなもん断片的でいいよね。

・毎日お酒をガブガブ飲んでいるせいか胃腸の具合が悪い。ノロウィルスじゃないと思うけど心配だ。先日親類が集まったときにあちこちでノロにかかっているという話を聞いたのだが、そのときにあやうく同時多発ノロという言葉がこの辺まででかかって口にするのをやめた。よし、よくこらえた。僕はまだ大丈夫だ。ハアハア。

・ノロで思い出したが会社でノロにかかった人がメールで休暇を申請してきた。ノロかったるいのでお休みさせていただきます」と書いてあった。何を「エロかっこいい」みたいな言い回しで、と思ったら「ノロかったるい」を書き損ねたとのこと。

・メールで思い出したが、ある女性のエンジニアに僕の先輩がメールを書いていたのだが、その出だしの文章が「はめまして、XXX と申します」と書いてあった。それスパムメールだって。

おやおや、これを日記とは言わんな。

posted by 鈍ツウ at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月01日

年頭の挨拶

今年もよろしくお願いします。かなり忙しくなってきて去年の後半はほとんど更新しませんでした。今年は軽い日記とかで少しの時間を見つけて更新するようにします。


ben_stiller25.jpg

ミスター西川、お届けものです。ここにハンコお願いしま・・西川くん!アカン、ミスター西川くんが気絶してもうた!
posted by 鈍ツウ at 02:28| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月22日

クリスマスプレゼントはアレ

これからは日記を書いてはチョコマカ消していこうかな。

もうすぐクリスマスだけど、なんとなく Wii が欲しい。だから子供に「Wii っていいよ〜」と洗脳している。そうすると子供が「サンタさん Wii くださいでちゅ」みたいな手紙を書くことになり、それがカミさんの目に留まって仕方なくカミさんも Wii を買うだろう。それを僕が貸してもらうのだが、結局は僕が汗水流して稼いだ金で買ったもので僕が遊ぶだけなのだ。なんだかこの根回しと帰結がこの世の政治の縮図みたいだ。そんなに大げさなものではないことはわかっているがそう考えると気が楽だよね。

tonakai.jpg


colored.jpg
posted by 鈍ツウ at 01:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月11日

シレッ

やあ一週間ぶりの記事だ。

あ、いや別に。何もなかったですよ。

しかし何ですね。あの、電車で iPod とかウォークマンとか聞いている人って多いじゃないですか。チャカチャカと音が漏れていて。で、あんまりうるさいからこの前電車で僕の隣に座っていた人のヘッドホンをはずして、「うるさいなあ、いったい何を聞いているんだ!」って僕が聞いてみたら。

チャカチャカチャカチャカ

ってサンプリング音なんか聞いてたのかい!

(・・・誰がウソ漫談なんて書けと言った)


purd40e0694edcad257.jpg

posted by 鈍ツウ at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月04日

人生が履修不足

[履修不足]46都道府県で合計592校に

以前に他の場所でも書いたことがあるけど、僕は高校時代に「サインとかコサインとか、こんなもの社会に出て使うことなんて絶対にない!」と言い切って数学の勉強を放棄したことがある。それ以来ずっと文系ひと筋だったのだが、「よく考えたら漢文とか古文とかもそれほど使わないだろう。」と次々に勝手な理屈をつけては勉強を放棄してきたのだった。やがて何とか大学も卒業し、はじめて就職した会社の研修を受けていると、研修期間の最後の方でコンピュータのプログラミング講座で三角関数のライブラリを使うという課題が出てきたのだった。なんと、社会に出ていきなりオチがやってきた僕はその課題が何もできず、「しっぺ返し早っ!」と完全に打ちのめされてしまったのであった。そしてその日の夜、寝ていると夢の中で枕元に神様が立って僕を見下ろしてこう言ったのだ。

神様「な、人間万事塞翁が馬じゃろ

いや、だから古文や漢文も放棄しちゃったから意味がわかんないよ!


anm5ed9150947b5a492.gif
posted by 鈍ツウ at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。