2010年12月03日

今後は twilog で

さてとそろそろこの blog はたたみます。

今後は twitter のログをまとめて blog のように表示する以下のサービスをご覧ください。

http://twilog.org/nibuitami

シンデレラってあんなに貧乏な家の娘が王子様に見初められて結婚することになるんだから、ある意味シンデレラ・ストーリーだよね。

posted by 鈍ツウ at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月10日

長らくご愛顧いただき

そろそろこのブログも用済みなので畳みます。こちらに記載されていたネタは時々思い出して twitter でつぶやこうかなと思っています。長い間ご愛読ありがとうございました。またいつか同じメンバー、同じスタッフで新しい番組ができれば幸いです。(と最後に司会者がいう番組は絶対に実現しないの法則)
posted by 鈍ツウ at 22:25| Comment(16) | TrackBack(1) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

twitter やってます

久々に見たらこの blog が閉鎖されていませんでした。
最近は主に twitter やってます。

http://twitter.com/nibuitami
posted by 鈍ツウ at 00:39| Comment(1) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月23日

引越しの挨拶

こんばんわ、seesaa に引っ越してきました「続・Manzai Nikki のブログ」です。前のブログサービスのデータを一括でインポートできたのですが、こちらのブログに全部載せずにかなり削って身軽になりました。過去の記事を読み返して少し暗くなりましたがこれからも頑張っていこうと思います。表示がおかしかったり、過去の記事で載せてほしいというリクエストなどあればお知らせください。というわけでこれからはバリバリ書きますよ、始末書を。(ダメサラリーマンだな!)
posted by 鈍ツウ at 01:57| Comment(1) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月11日

それじゃあ中級者の定義は?

「アキバ初心者救済ツアー」にはどんな人が参加しているのか



よく、こういう風にアキバ初心者ガイドとか初めてのアキバツアーなどという記事を見かけるが、アキバ系の玄人と初心者の定義はできても中級者の定義ができていないのではないか?そこで、ちょっとハードルが高いけれどこれがアキバ系の中級者だという定義を羅列してみる。

  • 有楽町あたりを過ぎると背筋を伸ばし襟を正す気分になってくる。


  • スラックスと白のSPALDINGの組み合わせを許す気持ちが芽生えてきた。


  • プリキュアは2台のデッキにしか録画していない。


  • 人の目を見て話しをするなんて大して重要な事ではないと思えてきた。


  • 引きこもりたいのだがどうしても週に2回だけ秋葉原に行ってしまう。


うわ難しいな。
posted by 鈍ツウ at 16:25| Comment(3) | TrackBack(1) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月15日

ダジャレのほかにも「やめておけばいいのに」と思うこと

美味いのに、なぜダジャレ? JALの「ですかい」



JAL が機内食をインスタントにして販売したのはいいのだがネーミングがダジャレである。やめておけばいいのに、とこの記事にも書かれているが同意である。この他にもやめておけばいいのにと感じることはこの世の中にはたくさんある。





1. せっかく主人公をホールドアップさせているのに「冥土のみやげに聞かせてやろう 」とか言って余裕を与えている間に逆転されちゃう悪人。

やめておけばいいのに



2. 暗い夜道なのに誰が見てもすごく弱そうな番頭しかお供に連れていかない江戸時代の商人。

やめておけばいいのに



3. 悪い組織につかまって縛られて拷問されているときに「いったいお前達はどこの組織なんだ?」と余計な事を聞くと「質問するのはこちらの方だ!」ってまた殴られる男。

やめておけばいいのに





・・・やめておけばいいのに。
posted by 鈍ツウ at 19:49| Comment(0) | TrackBack(1) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月30日

エロ戦時中

先日の記事で



それは中学生のとき。「看護婦はいつも男性患者の裸体を見ているから欲求不満なんだって」という情報を仕入れてきた友人の輝く目だったよ。



というネタを書いたが、これは事実だった。今の中学生はインターネットやヘア公然の雑誌があるから僕らのような苦労はないだろう。僕らにはそんな便利なものがなかったから性に関する情報収集はひと苦労だったのだ。戦時中の食糧難を語る年寄りのように僕らが体験したエロ食料難の時代も語り継いでいかなくてはいけないと思う。僕らは自分達がエロ情報不足で苦労したから、それこそ文字通り、自分のムスコには同じ苦労をさせたくないのだ。だから自分のムスコかわいさに色々と与えすぎてしまうのだろう。



さて中学生たちよ。今の君たちは色々なオカズがたくさんあってそれが当たり前だと思っているだろうけどオジさんたちが中学生ぐらいのときなんか、グラビアの一枚に写っているモデルの股間にうっすらと黒い陰が見えるか見えないかというだけで「これは毛だ」「いや影だ」という論争になって、とにもかくにもそのグラビアのイメージだけで一週間ぐらいのオカズになったんだ。たまに誰かが兄貴のビニール本みたいなヤツをくすねてくると「こんなご馳走は盆と正月が一緒に来たみたいだね」なんて言って笑ったもんだ。



例の看護婦の情報を仕入れてきた友人の会話もこんなもんだった。





友A:みんな!ニュース、ニュース。看護婦っていつも欲求不満なんだってさ!

友B:本当かよ、どうせまたデマだろう?

友A:本当だって。この雑誌の文通コーナーを見てくれよ。





そういって彼が出したのは怪しいB級エロ週刊誌の情報交換コーナーの書き込みで、そこには20歳の看護婦ですが毎日男性の裸を見ているため欲求不満で仕方がありません。おつきあいしてくれる男性を探しています。という文面が書かれてあったのだ。彼が言うには同じような文面が毎月載っているため、一般的に看護婦は欲求不満で誰でもいいから相手を探しているのものだということだった。彼の話を聞いた僕ら一同は、





友C:なーるほど!

友D:ぃよっしゃあ!





これはもう、サッカーで言えば相手チームの司令塔がケガをしたという情報を仕入れたに等しかった。目を閉じて天を仰ぎ情報の重みを満喫する者、何の根拠もなくこれで8割方もらったも同然みたいな表情でうなずく者。何か思い付いたかのようにあわてて家に帰る者。たったこれだけの情報が僕らにとっては貴重な存在だったのだ。やがて次の月にはその彼がまた新しい情報を仕入れてくるのだった。





友A:ニュース!オーデコロンって女を興奮させる作用があるんだってさ!

友E:本当か!よーし早速買いに行こうぜ!





そして、こうした情報がウソだと判明するたびに僕らはまるで玉音放送を聞く国民のようにうなだれながらその報告を甘受していったのだった。だから情報というものの恐ろしさを身をもって知っている世代だと胸を張って言えるのである。それにしてもエロ戦後は遠くになりにけり、である。



ところでこの文章を中学生が読むとはとても思えない。
posted by 鈍ツウ at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月22日

Re: ドラえもんの声が交代へ

ナメロウさんのブログでいじってもらって嬉しいのでトラックバックしておこう。



どうも僕はルックスも40代になりきっていないせいか、若手の営業がタメ口を聞いたりすることも多いし、普段はスーツなど着ていないので近所でもおそらく謎の人物扱いされているのではないだろうか。そうか、40過ぎたら自分のことを「僕」と呼んではいけないのか、それじゃあ他に40過ぎてやってはいけないことは何だろう?



自分はまだ青春の門の入り口に立ったに過ぎないと感じること。



警備会社の目を盗んで会社の昼休みに屋上でバレーボール。



前のアルバムの出来が気に入らず、3ヶ月以内にすぐもう一枚リリースする。



「甘っちょろい理想だけではビジネスはやっていけんのだよ!」と企画書を突き返される。



アニメクリエータ専門学校の入学願書を常にカバンの中に入れておく。



テレビのチャンネルを変えるときに家族に気づかれないようわざとクシャミをしながら11PMに。



おさななじみに会ったらとても大人っぽくなっていたのでドキッ。



いやいやいや、ちょっと待てよ。うーん・・・
posted by 鈍ツウ at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月13日

思考が瞬間移動

これも友人の話。彼は考えたり論理を進めていくときにステップバイステップで順序よく進めることができない。例えば、「古今東西、花の種類」と言う問題が出たとする。



A「サクラ」

B「菊」



例えばこの次が彼の番だとすると、



彼「んーと、ナスタチウム。」



確かにそういう花の種類はあるけど、なんでひまわりとかタンポポとかバラとかが出ないでいきなりそこまで瞬間移動するかなあ。例えば「古今東西、山手線の駅名」で、新宿渋谷の次に駒込を出すという戦略はあるかもしれないが、彼の場合は戦略でも何でも無くて普段の思考がジャンプしているからやっかいだ。



A「プロレスなんかでもそうだけど、戦う男同士の兄弟分の関係っていいよね。」

B「そうそう、三国志だと関羽と張飛とかね。」



彼「・・も、森田健作と京本政樹とかな。」



いや、確かにある意味戦う男同士だけども!
posted by 鈍ツウ at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月23日

この辺に好きなだけ紅生姜を盛りつけられる牛丼屋があると聞いたのですが

書きたいネタがあったのだが、忙しいから週末に回して、軽めのネタでお茶にごす。



うちの下の娘ぐらいの歳だと、まだうまくしゃべれない子が多い。トウモロコシのことをトンモコロシと言ったりするパターンだ。これは成長過程においてごく普通の現象で、音で聞き取った単語を自分の発音にするまでのプロセスにあるだけのことだ。こちらもカタコトを聞いていて可愛いのでほほえましい。先日、そんな子供のひとりが母親と一緒に自宅に遊びに来た。その奥さんが我が家に入るなり、うちのステレオを見て、



「いいなあ、MDポンコ・・・」



DNAだったのかよ!
posted by 鈍ツウ at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年11月30日

棒が無くてもできます。



(1)棒を、右手は順手、左手は逆手に握ります。

(2)棒を握る手は50センチほど握りの間を離して、手を体の前に下ろします。

(3)足は肩幅にひらいて立ちます。

(4)顔は、アゴを引いて体の前におろした左手の先を見るようにします。

(5)右膝をリズムに乗って前後に揺らします。

(6)その際のリズムはツカチャー、ツカチャー、ツカチャーが望ましいです。



どうですかね、相川七瀬がイントロを待っているときの絵になりましたかね?


posted by 鈍ツウ at 03:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。