2005年02月26日

女ピン芸人





(幕があがる)



はいどうもー。紫レンジャー式部です。それでは今日も聞いてください、紫レンジャーの「クチオシや」です。



♪クチオシやクチオシや


十二単衣をやっと着たあとで九番目ぐらいの着物が裏返しだと気づいたとき。



♪クチオシやクチオシや


最近の若い女が使う「あなかしこ」という言葉。「かしこ」だけでいいだろ!



♪クチオシやクチオシや


牛車が自分の前を通過するときに必ずフンをする。



♪クチオシやクチオシや♪クチオシやクチオシや♪


どうも、ありがとうございましたー。


posted by 鈍ツウ at 16:58| Comment(2) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月15日

合コンにて

体調不良にて終日休養。



昔の会社にいたときのこと。合コンの男性側の人数が一人足りなくなり、やむを得ずに超イケてないヤツを誘わざるを得なくなったことがある。こちらとしても女性側に悪いなとは思ったが人数は絶対にあわせないといけないので彼に声をかけた。急な誘いだったのでそいつは後から遅れてやってきたのだが、彼がお店にあらわれたときに彼を見た女性達がちょうどこんな感じだった。









呪いが解けるまで5分ぐらいかかったんじゃないかな。
posted by 鈍ツウ at 20:15| Comment(2) | TrackBack(1) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月07日

Fiddler Crab





近頃は呼んでももう誰も来ませんし誰も招いてませんわそりゃあ若い頃は潮も招くなんて言われましたけどいやもちろんそれぐらい次から次へと招待しまくったと言うことなんですけどねまあ大抵の人は招きましたね一番驚かれたのは同業のシオマネキをあれでいっぺんに20人は呼んだんと違いますかねそりゃあにぎやかでしたみんなもいやあシオさんに招かれたらたいがいのモンはそれこそお月さんでもお呼ばれされてしまうと違うんかなんて言うからアホ言えお月さんだけ呼んだらそらウサギもヘソまげるでてなこと言うてあのころが一番楽しかったですわ。


posted by 鈍ツウ at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月05日

土曜の晩に一言(2)







「なあ、もう弟子とってないって言われたらどうする?」



「うーん、そん時は養成所行こうや。でも今呪術師ブームだから師匠いたほうが有利なんだけど・・・」





(ところでどなたかミクシィ誘ってください。)
posted by 鈍ツウ at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

土曜の晩に一言





「まあまあまあ、向こうも酒の勢いで言ったことだから。」
posted by 鈍ツウ at 22:57| Comment(1) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月16日

覚めてしまうときってありますか。

覚めてしまうことって多々ある。



ケース1.



まだ僕がプログラマのまねごとなどしていた時のこと。情報処理の試験を受験しに行ったのだが、遅刻して受験会場の学校に入れてもらえなかった。仕方なく会場の回りをウロウロしていると午前中の試験を終えた友人達がゾロゾロと教室から出てきた。「おーい、みんな、これ終わったら飲みにいこうぜ!」と誘うとみんなも「いいよー。そこで待っててくれ。」と言った。僕はウキウキして待っていたのだが、小一時間も経つと
なんだか自分がひどく惨めな存在に思えてきてトボトボと家に帰ったのだった。ウッカリ我に返ってしまったが敗因だった。





ケース2.



その日はプロジェクトの打ち上げで報奨金も出たので豪勢に中華料理屋でパーティを行うことになった。主役のプロジェクトマネージャの女性が、午後になるとソワソワして「あーもう仕事なんてやっているの面倒くさいわー。早く宴会にならないかしら!」と騒いでいた。あまりにウロウロするので「どこかで気晴らしに時間つぶしてきたら?」と言うと「そうね、そうしてくる!」と言って出て行き、
そのまま家に帰ってしまい、ついには宴会に顔を出さなかった。





ケース3.



新入社員のころに10人ぐらいで飲んでいると、そのうちの3人ぐらいがよからぬ計画を立てていた。2次会はその3人でヘルスにでも行こうと話しているのだ。「君たちもスキだねえ。」と冷やかしていると、「うん、いいんだよ。ひとときを楽しんで明日からまた働けば。」と達観している。3人とも陽気に「明日の活力のために行くようなものだから。」「わかっているんだよ、空しいことは。でもやめられない!」「そうだよな、空しいけど良いんだよ。」「うん、空しいねえ、わっははははは。」などと騒いでいた。しばらくするとその3人がいなくなったので「あいつらはもう風俗の店に行っちゃったの?」と聞くと
「いや、なんだか本当に空しくなったから家に帰るって言って帰っちゃった。」



我に返ったり客観的に自分を見つめ直すことはいいことでもあるけどケースバイケースだと思う。


posted by 鈍ツウ at 21:09| Comment(1) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月10日

オフィスものドラマなど(4)

体調が悪くて今週は2.5日休んでいた。なのにブログだけはマメに更新しているとはどういうことだろう。



さて、オフィスものの最後は喜劇ドラマによく出てくる一言シリーズ。



1. チョコマカしたOLがやってきて一言。

「ちょっと聞いた?うちの部全員が北海道支社に異動の噂があるんですって。」



2. さえない新人に向かって一言。

「ええ〜?社長の息子さんでアメリカ帰りのエリートって君だったの〜?」



3. 田舎から母親が出てくる前日にヒラ社員がみんなにお願いする。

「明日一日だけ俺が課長って言うことにしてくれない?この通りだ。」



4. 取引先の偉い人をつかまえて新人OLが一言。

「あれ〜?あのときのおじいちゃんじゃないの!」



これって単に吉本新喜劇とか森繁の社長シリーズに出てくるセリフを抜粋しただけだな。
posted by 鈍ツウ at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月09日

オフィスものドラマなど(3)



そしてオフィスものシリーズはまだ続く。



オフィスものの恋愛ドラマで王道のようなストーリーはいくつかあるけど、こういうストーリーって他のシチュエーションには適用できないのだろうか?検証してみよう。





主人公のマサシ。あるヤクザの組事務所のドアを開けて中に入ってくる。するとそこに大量のシャブの袋を抱えた女(カナエ)が歩いてきてお互いにバッタリとぶつかってしまい、床にシャブの袋が散乱してしまう。



マサシ「ああ、すみません。拾うのを手伝います。」

カナエ「まったく。どこを見て歩いているのよ。」

マサシ「なんだと!そっちこそどこを見て歩いているんだよ!」



結局ふたりはケンカしてその場でお互いに別々の方向に去っていく。で、場面は一転して組本部の事務所に移り、若頭のアップで若頭の挨拶が始まる。



若頭「ちょっとみんな聞いてくれ。今日からこの丸の内組に幹部候補として入ることになったマサシだ。おう、マサシ、みんなに挨拶せんかい。」



マサシが挨拶しようと一歩前に出て事務所の連中を見渡すと、今朝ぶつかった女、カナエがいる。



マサシ「ああっ、き、君は今朝の!?」

カナエ「あー、あいつ!」



お互い顔を見合わせてビックリする。マサシは無難に挨拶をこなし一同に拍手で迎えられることになるが、カナエは一人で何故かプンプンと不機嫌。同僚の女がそっとカナエに「ちょっとカッコイイと思わない?」とささやくが、カナエは気にもとめないフリをする。



やがてカナエはコツコツと組のために働き頭角を現してくるマサシを意識するようになってくるのであった。抗争に備えて遅くまで見積もりをやり直すマサシ。



マサシ「俺、鷲羽組にもう一度明日の出入りの助っ人交渉してきます!」

幹部連「やめとけやめとけ。無駄だって。」



顧客からのクレーム対応を一手に引き受けるマサシ。



電話の客「もしもし、あんたのところのシャブで漬けようと思った女が元気になってきちゃったよ!粗悪品を卸すようだと取引先を変えるからね!」

マサシ「すみません、品質には充分注意していたんですが。後ほどお詫びにあがります!」



その他、きついスケジュールで単身の高飛び、出所祝いの段取り、みかじめ料の取りたて時に配るノベルティグッズの作成などなど、マサシの奮闘ぶりはカナエの心を動かしていくのだった。



カナエ「へー、あんたって口先だけじゃあなさそうね。」

マサシ「何だよ。人が残業しているのを冷やかしに来たのか?」

カナエ「・・ねえ、この間の土曜日、女の人と歩いていたでしょ・・・」

マサシ「ああ、あの女か。あれはオレがヒモになっているソープの女だよ。」

カナエ「(ホッ)なーんだ、へへっ。(ちょっと安心しちゃった。)」

マサシ「何でそんなことを聞くんだよ?おかしなヤツだなあ。」

カナエ「ううん、何でもない!ほら、差し入れの純トロだぞ!」

マサシ「おおっ!気が利くなあ。ちょうど疲れたところだったんだ。」

カナエ「これでバッチリ仕事片づけちゃいな!じゃあね!」



やがて二人に転機が訪れる。勢力拡大に伴って親類筋の遠い一家にマサシが預けられることになるのだった。彼についていこうかどうか最後まで決心がつかないカナエ。とうとう出発の日、空港に駆けつけてみるとすでにマサシが麻薬犬に追い回されて体中をガブガブと噛みつかれているところだった。



カナエ「マサシ、大丈夫だった?」

マサシ「ああ、ひでえもんだ。洋服がボロボロになっちゃった。」

カナエ「んもうー。相変わらずオッチョコチョイなんだからあ。」

マサシ「ははは・・・・」

カナエ「そんなマサシのために餞別としてとっておきのシャブを持ってきてあげたぞ。」

マサシ「おおっ、悪いなあ。・・・で、どこにシャブがあるんだい?」

カナエ「・・・ここだよ。マサシの目の前だよ。・・・」

マサシ「・・・カナエ、お前。・・ついてきてくれるのか?」

カナエ「・・そうよ、あたしじゃダメ?末端価格でグラム5000円は下らないよ!」

マサシ「・・ダメなもんか!中国だろうが南米だろうが胸をはって卸せる代物だよ!」

カナエ「マサシ!」

マサシ「カナエ!」



Fine




結構いけるね。
posted by 鈍ツウ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月06日

オフィスものドラマなど

テレビや映画でオフィスもののドラマを見ていると不思議な光景を目にすることが多い。僕はこれでも社会人を20年近くやっているのに一度も見たことがない描写がよくある。まあ、僕が一般的な社会人のステレオタイプから遠いという事実はしばし目をつぶってほしい。例えばよくあるのが以下のような光景



1. 悩みごとのあるOLが課長に呼びつけられて。



課長「君、ここの計算が間違っているよ。」

OL「すみません。」

課長「最近の君はおかしいよ、どうかしたのかね?」



どうかしているのはオフィス用ソフトも使わず、いまだに手計算しているあんたの会社だよ!





2. 主人公の男性と女性がチームを組むことになるが、お互いまだ好意よりも敵対心がある状態で。



部長「君(女性)と君(男性)でプロジェクトをやってもらうよ。」

男性&女性「ちょっと待ってください、彼(彼女)とはできません。」

・・・・やがて仕事はうまく行き、二人は結婚することに。

二人「もしや部長は最初から・・・」



ウソつけ!





3. 会社の企画課。思わぬ企画が大当たりで大ヒット商品が産まれるとき。

(電話がひっきりなしにリンリン鳴る)「課長!さっそくジャンジャン注文が入ってきました!」



直接注文の電話を受けるなよ!代理店か担当部署で受けろよ!





まだまだツッコミどころはたくさんあるんだけど、こんなことに違和感を感じているのは僕だけなのかなあ。僕の会社がおかしいだけで世間ではドラマに出てくるようなオフィスの生活をしているのか?変な不安がわいてきちゃったなあ。
posted by 鈍ツウ at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月19日

柿リーダー





柿が入っていた箱に書いてあった絵だ、僕は彼を柿リーダーと名づけたい。この絵を書いた人は何となく80年代に青春を送ったのではないかと勝手に想像している。最近しょっちゅう飲んで帰ってきているので柿が体に染みるのである。肝臓に柿はいいらしいからね。



ところで「一人殺すと殺人だけど、百人殺すと英雄だ」みたいな言いまわしがある。これに似たような慣用句というかことわざがあったような記憶があるのだが全然思い出せない。どうしても思い出せないので作る。



・ちょっと浮かれたヤツは注意されるがトコトン浮かれていれば新庄だ。



・一人で変な服を着ているのは恥ずかしいけど何十人で着て歩けば

 民族衣装をアレンジしたオリンピックの入場行進だ。



・一人で屋根に昇ってるオヤジはバカだが百人乗ったらイナバの物置だ。



さて、どれにしようかな。
posted by 鈍ツウ at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月05日

知ってたよ

男性と結婚へ エルトン・ジョンさん



エルトン・ジョンが男性と結婚するそうな。ハゲでデブで近眼でゲイで過食症の彼にもついに幸せがやってきたのだ。ところで結構な数のミュージシャンや有名人がゲイのカミングアウトをしている。ひとつには彼らがカミングアウトすることで同じ仲間達に勇気を与えるという意味があるのだろう。しかし、「実は僕は・・・」と言われてもほとんどの場合、「知ってたよ」という人が多い。例えば R.E.M のマイケル・スタイプがカミングアウトしたときも「知ってたよ」と思った。でも、極めつけは元ワムのジョージ・マイケルだ。その前に逮捕されているし、当然ながら世界中の人が「知ってたよ」とツッコんだことだろう。



というわけで、日常にも「知ってたよ」とツッコむ場面が多すぎる。





ケース1:青春ドラマで先生が生徒を殴る。



先生「バカ野郎!もっと自分を大切にしろ!ボカッ!」

生徒「先生ありがとう、こうやって本気で叱ってくれる人がいなかったんだ。」



「知ってたよ」





ケース2:よくあるテレビの企画。街頭でわざと今ドキの女子高生に小泉政策に関するインタビューをして若者の政治意識を問う。



女子高生「えー、あたし政治苦手なんだよ〜。」



「知ってたよ」





ケース3:時代劇で、うずくまっている娘に侍が声をかける。



侍「いかがなされた?」

娘「持病の癪が」



「知ってたよ」





ケース4:美味しんぼでカタブツの老人に美味しい料理を食べさせる。



老人「フン・・・・モグモグ・・・・・ムッ!(目線をあげる)」

栗田「・・・もしかしてお気に召しませんでしたでしょうか・・・」

老人「(ニコッとして)お代わりじゃ。」



「知ってたよ」





ケース5:初対面の女性と一緒に食事をした後で。



女性「おいしかった。すてきなお食事をどうもごちそう様でした。ところでお仕事の話をうかがっているととっても大変そうね。そうそう、偶然なんだけど私、とってもいいビジネス英会話の教材を販売している人を知っているの」



「知ってたよ」



知ってたよ

知ってたよ

知ってたよ


posted by 鈍ツウ at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月27日

写真ばかりに頼ってはいけないと思いつつ





「このあたりもずいぶんと変わったものだ。通りの向こうのラリーの店がなくなっているし、教会の並びには立派な学校が建っておる。」



「旦那、そろそろ行ってもよござんすか?」
posted by 鈍ツウ at 17:07| Comment(1) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月26日

意地でもツッコまない





たいして「ホット」でもないし。


posted by 鈍ツウ at 15:45| Comment(1) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月25日

テレビ局の謝罪

テレビ局(に限らないけど)の謝罪というのは曖昧だ。最近は色々とうるさいらしく自己規制も含めて謝罪が多い。



「先週の放送内容に不適切な表現があり、一部の方々にご迷惑をかけたことをお詫びします。」




これではいったい何が不適切でどんな人達に迷惑をかけたのかが不明だ。謝るなら謝るではっきりしてほしい。



先週の放送内容に不適切な表現があり、


料理を食べ終わった後に割り箸を割り箸の入っていた袋にしまうという、意味の無い行動をとる方々に
ご迷惑をおかけしたことをお詫びします。



先週の放送内容に不適切な表現があり、


ピアノを見ると黒鍵だけを弾いて見てちょっと不思議なメロディに酔いしれるタイプの人に
ご迷惑をおかけしたことをお詫びします。



先週の放送内容に不適切な表現があり、


本のあと書きで「○○探偵の旅はまだまだ続きます。」などと自分の小説の登場人物をあたかも実在の人物のように語る推理作家に
ご迷惑をおかけしたことをお詫びします。



先週の放送内容に不適切な表現があり、


「そもそもギターの形は女性のボディを表しているんだよ。」などとのたまうミュージシャンに
ご迷惑をおかけしたことをお詫びします。



先週の放送内容に不適切な表現があり、


2次会にどこに行くか迷っているときに「俺の地元だったらいい店知っているんだけどな」などとほざく友達に
ご迷惑をおかけしたことをお詫びします。



先週の放送内容に不適切な表現があり、


「自分の力をためしてみたい」などという安易な理由で生徒会の役員に立候補するヤツに
ご迷惑をおかけしたことをお詫びします。



先週の放送内容に不適切な表現があり、


家の近所にアダルトの取り揃えが充実しているレンタルビデオ屋ができると生活環境が一変したかのような充足感に包まれる方々に
ご迷惑をおかけしたことをお詫びします。



ここまで謝罪すべき対象の人々と謝罪の内容がはっきりしていればいいのに。


posted by 鈍ツウ at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月08日

レポート書き

仕事が遅々として進まない。報告書の草案と次のプロジェクトの新しいアイデアの捻出だけで無駄に一日が過ぎていくことがある。ひとつだけコケたプロジェクトがあるのでその理由を報告書に書かなくてはならないのだがどれがいいだろう?



「本プロジェクトが失敗した主な理由は人材・資金の不足、または○○○によるものと考えられます。」




パターン1:

本プロジェクトが失敗した主な理由は人材・資金の不足、

または
IT産業全体の需要低下によるものと考えられます。



パターン2:

本プロジェクトが失敗した主な理由は人材・資金の不足、

または
新規業者の参入によるものと考えられます。



パターン3:

本プロジェクトが失敗した主な理由は人材・資金の不足、

または
「〜高校」よりも 「〜学園」の方が

レベルが高いという中学生にありがちな思いこみ
によるものと考えられます。




パターン4:

本プロジェクトが失敗した主な理由は人材・資金の不足、

または
よりどり4足で千円の靴下を買うと必ず一足だけ

変な柄のものを選んでしまうという傾向
によるものと考えられます。




パターン5:

本プロジェクトが失敗した主な理由は人材・資金の不足、

または
google で「王様のブラチン」という単語を検索しているところを

同僚に見られたという失態
によるものと考えられます。




パターン6:

本プロジェクトが失敗した主な理由は人材・資金の不足、

または
ハタ坊が藤原家に産まれていたら関白ダジョー大臣に

任命されたであろうという仮説
によるものと考えられます。




パターン7:

本プロジェクトが失敗した主な理由は人材・資金の不足、

または
40過ぎているのに演歌歌手としてデビューさせるから

200万円必要と言われて支払ったこと
によるものと考えられます。






こんな事をやっているからプロジェクトが失敗したのだ。


posted by 鈍ツウ at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月06日

ダンチョネ

そもそもこんな歌がある。



♪俺が死んだら三途の川で 鬼を集めてネ 相撲とるダンチョネ




で、確か水島新司の「男どアホウ甲子園」か何かの主人公が(それぐらい調べろよ!)この歌をもじって時々こんな風に歌っていた。



♪俺が死んだら三途の川で 鬼を集めて野球するダンチョネ




つまり、これほどまでに野球が好きだということが言いたいのである。こんな歌を口ずさんでしまうほど野球を愛しているという証しであり、野球に対する主人公のひたむきさが感じられるエピソードである。・・・しかし、もしもこんなシチュエーションだったらどうだろう。





刑事「残念ながら証拠不充分ということで釈放です。」

教授「当然だ、これは明らかな不当逮捕だ。このままで済むと思うなよ。」

刑事「・・・・・」



警察から出て久々に外の空気を吸って伸びをする教授。歩いているうちにだんだんと良い気分になってきて鼻歌が出る。



♪俺が死んだら三途の川で 鬼を集めてエスカレータを昇らせて 後ろから手鏡でのぞくよ〜ダンチョネ





これだとすぐバレちゃう。


posted by 鈍ツウ at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月05日

ツッコミだけで

以前にもやった一行ツッコミをもう少し研究しようかなと思う。前回は見てのとおりオリンピック限定だったので色々としばりがあってきつかったんだ。そうだそうだ。テーマが自由ならきっとポンポン出るぞ。



前回の記事クリック1

前回の記事クリック2



さあ、しばりのない自由演技(フリールーティーン)だ。ここでロシアチームを逆転して金をねらうわよ。



別に背が低いから「コメ議員」って呼ばれているわけじゃないよ!



それじゃ「サプライズ・チンチン」だろ!



新庄は何をやっても許されるミソッカスでチームに混ぜてもらっているわけじゃないから!



薄型テレビってハゲ専用のテレビのことじゃないよ!





・・・うーん?やっぱり苦しいなあ。なんかうまく行きそうなんだけどな。
posted by 鈍ツウ at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月01日

宇宙からのメッセージの内容とは?(2)

前回の記事 (こちらをクリック)だが、そもそも「地球のみなさん」でメッセージが始まるところがおかしい。何で「地球」という言葉を知っているのかという矛盾が生じている。やっぱりここは「このメッセージを受け取った知的生命体に告ぐ」とかいう始まり方が妥当だろう。そうなるとおのずとその後のメッセージも変わってくる。



このメッセージを受け取った知的生命体に告ぐ

我々は諸君とのコンタクトを切に望むものである。



このメッセージを受け取った知的生命体に告ぐ

我々は諸君とのコンタクトを切に望むものである、手始めにメアド交換から提案したい。



このメッセージを受け取った知的生命体に告ぐ

(ヒソヒソ声で)スリップが裾から出ていますよ。



このメッセージを受け取った知的生命体に告ぐ

スケ番グループの中に必ずひとりは「情報屋のXX子」とかいう存在がいるのは何故なのだ?



このメッセージを受け取った知的生命体に告ぐ

どこまでキップをクシャクシャにすると自動改札を通らなくなるのか実験するのはやめよ。



このメッセージを受け取った知的生命体に告ぐ

我々の調査によると、地球上の王国の数に比して女王様の個体数が多すぎるがこれは?



ところで今日は会社を休んだので知的生命体としてはゴロゴロできてうれしかった。
posted by 鈍ツウ at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月28日

宇宙からのメッセージの内容とは?

9月3日の記事に書いた宇宙からのメッセージは結局違ったみたいだ。 しかし、もしも本当に地球外生命体からのメッセージだったらいったいそれはどんな内容だったのだろう?



問題:宇宙からのメッセージを受信しました。「地球のみなさんこんにちわ」までは解読できたのですがその後がわかりません。いったい何と言っているのでしょうか?




回答例:



地球のみなさんこんにちわ、

我々は宇宙人です。



地球のみなさんこんにちわ、

我々は宇宙人です。ただしあなたたちから見て宇宙人です。



地球のみなさんこんにちわ、

ところで年収が倍になるサイドビジネスがあるのですがいかがですか?



地球のみなさんこんにちわ、

このあたりで素人が安心して遊べる店があれば教えてください。



地球のみなさんこんにちわ、

貴社ますますご繁栄のこととお喜び申しあげます。



地球のみなさんこんにちわ、

それではソムリエをお呼びしましょう。



地球のみなさんこんにちわ、

だいたいの話は木星の陰で聞かせてもらいました。



地球のみなさんこんにちわ、

みなさんから3つのお題をいただきまして即席噺をご披露したいと思います。



地球のみなさんこんにちわ、

天動説って天童よしみが地球の周りをまわっているっていうアレの事ですか?



地球のみなさんこんにちわ、

一週間という短い期間ですが、是非とも有意義な合宿になるようお互い頑張りましょう。





君の回答も是非聞かせてくれたまえ。
posted by 鈍ツウ at 21:13| Comment(3) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月30日

ミュージシャンへの公開質問

僕もバンド少年のはしくれだったので、多少の心情はわからないでもないが、とりあえずミュージシャンへの公開質問としてここに記しておく。



1. 「この街を出よう」っていうときの「街」の行政上の区分は?市?区?郡?字?



2. 同様に「in the street」のストリートは片側何車線ぐらいの幅の道から対象になりますか?



3. マイクの数が足りないわけでもないのに何故わざわざ一本のマイクで二人が歌うのですか?



4. スポーツの冠大会の応援ソングで「みんなの夢はかなう」っていうけど、全員優勝できるわけではないので矛盾が生じませんか?



5. 「この曲は親友を事故で失くした時に書いた曲です。」っていうパターンはよくあるけど、「この曲はニルバーナの曲を聴いていたときにできた曲です。」という、とっても正直な人がいないのはどうしてですか?





別にケンカ売っているわけではないです。ある種、昔の自分への戒めですね。
posted by 鈍ツウ at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。