2007年06月03日

お久しブリットポップス

かなり更新していなかった。忙しいやら体調不良やらだったので、ネタがゴールデンウィークごろのネタだ。

ゴールデンウィーク期間中に出社して会社周辺の定食屋でちょっと足りない先輩とお昼を食べようとしたら、軒並みお店が休みだった。目当ての定食屋の近辺にうどん屋やらカレー屋があるので先輩が「よし、手分けしよう。オレがうどん屋を見てくるからお前はカレー屋を見て来い。」と言って先輩は20メートルぐらい離れたうどん屋の方に走って行き、その店の前に貼ってある張り紙を読んでいた。すると先輩は遠くから僕に向かって

「おーい、ゴールデン期間中はいつもウィークで申し訳ありませんだってさ!」

で、なぜか通行人がいっせいに先輩ではなくて僕の方を見た。

40年以上生きてきていまだにまともに日本語を読めない先輩が一線で活躍しているのだからこの業界は・・・

posted by 鈍ツウ at 03:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月07日

闘志

ghostrider3.jpg

事故の原因は火力の調整ミス?!

・・・さて、次は敵に向かって闘志をむき出しにする際には目の中に燃え盛る「火」の火力調整が必要というニュースです。・・・・
posted by 鈍ツウ at 01:05| Comment(3) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月04日

ソフト日和

家族で買い物に行くとカミさんが自分の洋服などを選んでいるときに僕が下の娘の面倒を見ていることが多い。最近のショッピング・モールなどではクレープ屋やアイスクリームの屋台があったりするので僕は適当にそういうものを買って子供に食べさせて時間をつぶしているのである。この間もそうしてカミさんの買い物が終わるのを待っていると、買い物を終えたカミさんがやってきて子供が食べているソフトクリームを目ざとく見つけ、おもむろにひとくちパクリと食べた。当然子供が「あ〜ん!アタシのアイスぅ!」と泣くとカミさんが、

控えい!ソフトクリーム検めである!

ソフトクリーム検(あらた)めとは:
江戸末期に勢力を伸ばしていた旗本・御家人を牽制する目的でソフトクリームなどの贅沢な嗜好品を吟味する組織が勘定奉行直轄に設けられたもの。


ペロリ!パカランパカラン!(次の買い物に走り去っていく)

そんな感じです。

sushi-ya.jpg
posted by 鈍ツウ at 08:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月03日

生物学

kaeru.gif

100歩ゆずって、そのカエルがシャツの中に圧縮された状態でも生きているとしましょう。しかし、なぜ人間の言葉をしゃべるようになったのかという理由が科学的に説明できますでしょうか?できますまい。

posted by 鈍ツウ at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月24日

誠実というもの

最近は外出が多くて忙しいんです。

先週はかなりスケジュールがビッシリと埋まってハードでした。そんなときは家に帰ってベッドに倒れこむ時の「バタン」という音の後で必ず「キュ〜」と小さな声で言うところが僕の誠実なところです。え?僕?基本的に誠実ですよ。「がってん承知の助!」って言った後は必ず心の中で「(架空の人物です)」って言いますもん。SMAP の剛クンの名前を口にするときには絶対(なぎは弓ヘンに「前」の下に「刀」のつくり)って心の中で言いますからね。でも自分が一番誠実だなあと感じるときはやっぱりコレですかね。

「あきれてモノも言え・・・」

ね、誠実でしょ?

おやすみなさい。
posted by 鈍ツウ at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

一言お礼を

一概に都市伝説とは片付けられないことってある。真偽は確かでないが、こんな話を人伝えに聞いた。

休日の雑踏。一人のサラリーマンらしき男が道端で立ち止まると、おもむろにスーツの上着とズボンを脱いで「アポポポポ」と口に手をあてて叫んだ。かと思うと、その場で踊りだし、自分の尻をパンパンと叩いては「アポポポ」と言いながらぐるぐると回りながら踊り続けたとのこと。唖然とした通行人たちが立ち止まって見ていると、ひと通り踊りが終わった彼はズボンをはき、ネクタイを直し、空中をみすえて大声でこう言った。

「見たか!約束は守ったぞ。これで地球侵略はあきらめてもらえるんだろうな!」

この人にひとことお礼を言いたいんだけど。

posted by 鈍ツウ at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月14日

召集令状が来たでちゅ

ドイツ軍、生後4週間の赤ちゃんに召集令状


ドン:ひどい事件ですよね。間違いとはいえ生後4週間の赤ちゃんに召集令状ですからね。

ツウ:こういうのはたいてい手続き上のミスなんだよ。でも驚いただろうなあ。

ドン:本当ですよ、この赤ちゃんも「とうとうこの日がやってきたでちゅか・・・・」

ツウ:何で生後4週間の赤ちゃんが兵役を覚悟しているんだよ!

ドン:「やっぱり普段から匍匐(ほふく)前進をしていたのがまずかったでちゅかねえ・・」

ツウ:それはハイハイ!ていうか生後4週間じゃまだクビもすわってないから無理だろ!

ドン:でも担当者が途中で気がついたからいいけど実際に配属されたら大変でしたよ。

ツウ:いや、そもそもどうやって徴兵検査を受けるんだよ。配属の過程でみんな気がつくだろ。

ドン:自己紹介で「やあ、俺フリードリッヒ。お互い”タマ”には気をつけようぜ。ハッハッハ」

ツウ:赤ん坊なんだからそんな新兵が強がったようなジョークが言えるわけないだろ!

ドン:軍事訓練のときのかけ声も「♪ミッキーマウスが大好きでちゅ♪」

ツウ:普通に好きなのかい!そんなかけ声じゃ力が入らないよ!

ドン:教官に「やい、お袋さんのオッパイが恋しくなったのか!」って怒鳴られると「はいでちゅ。」

ツウ:当たり前だろ!そんな皮肉が赤ん坊に通用するか!

ドン:手榴弾のピンを抜いても「1、2、あれ?次はいくつでしたっけ?」

ツウ:危ない!3つ数えられないヤツに手榴弾を渡したら危ない!

ドン:敵軍にミサイルの照準を定めて「これ一発でヤツらはオネンネでちゅ、・・・ムニャムニャ・・」

ツウ:自分がオネンネしちゃったよ!

ドン:でも「赤ちゃんが戦車を運転しています」っていうステッカーは敵軍に効力がありませんね。

ツウ:公道の自動車でも効力がないのに戦闘中はもっとないだろ!

ドン:まあとにかく赤ん坊に来た令状だけに「赤紙」というわけですね。

ツウ:うまい!って言うわけないだろ!やめさせてもらう!

おしまい
posted by 鈍ツウ at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース漫才 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月08日

100人に聞きました。

white-space-walk.jpg

宇宙飛行士100人に聞きました。「船外活動で宇宙遊泳中に聞きたくないワードは何?」さて、第1位は「君、何分ぐらい息止められる?」ですが、第3位はいったい何だったでしょう?以下の中から選択してください。

A.「そのへんはもうどんぶり勘定で」

B.「その宇宙服つんつるてん」

C.「こっちの綱に結び目作るの忘れてた」

D.「んじゃあね」

E.「あ、わりい。ってわりいじゃすまないか、ははは」

F.(その他)自由回答


posted by 鈍ツウ at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

声援サンプル(水泳とフィギュアの巻)

気がつけばテレビでは水泳とフィギュアスケートの中継を行っていた。なんだかコタツでスイカを食べている違和感がありますよね。というわけで久々の声援サンプルをどうぞ。

過去の声援サンプルはこちら


  • 頑張って!

  • 苦しかった練習を思い出して!

  • ジョンの名曲「マザー」の前に「ママ、僕はいけないボーイだったよ。」というセリフを勝手に付け加えて歌わないで!

  • 「意外な人がスイーツの達人???」ってCM前に顔にモザイクをかけてもシルエットから芝田山親方だってわかっちゃうから無駄な演出はしないで!

  • 調査の結果「なんとか還元水」を「作る機械」が見つかると報道がややこしい事になるから気をつけて!



時事ネタが多すぎると後で読み返したときに後悔するから気をつけて!


posted by 鈍ツウ at 22:47| Comment(6) | TrackBack(0) | 声援サンプル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

慣用句とか

日記でもくらえ。

会社である取引先のうわさが出たときにそのうわさの真偽をはかりかねていると同僚が「昔から火の無いところに・・っていいますからね。」と、何も根拠がないところからこんなうわさは出ないと言い切った。それはいいのだが「火の無いところに」で切らないでちゃんと最後まで言ってくれないと何だか気持ちが悪い。別に日本語をきちんと使おうとかそんなことは全然考えてないし普段の僕の立ち居振る舞いや言動はむしろその逆みたいなことが多い。でもことわざとか慣用句をちゃんと最後まで言わない人ってなんだか多いんですよ。しかも簡略する意味がないパターンが多い。

ねえねえ、経理の清水さんって最近整形したっていう話だけど知っていた?・・・しっ。噂をすればなんとやら


「噂をすれば」まで言ったんだったらその後はもう「影」でいいじゃん!「なんとやら」の方が字数が多いし、そこまで言ったらごまかせないよ!・・・なんてなことを感じる日々です。


じゃ、最後ネタやりまーす。ショートコント「修行」

「拙者、剣術で諸国修行中の身なれど金子が足りずに食べるものに困っておる。マキ割りでも何でもするのでメシを食わせていただけぬか?」

主人「そうですか。まあ困ったときはお互い様です。さあ、たんとお食べなさい。」

「かたじけない。ムシャムシャムシャムシャムシャムシャムシャ・・・」

主人ひょっとしてムシャ修行かよ!


最後ネタやるんじゃなかった。
posted by 鈍ツウ at 01:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。